【痛い!】鼻にできる男の大人ニキビの原因と対策法はこれだ!

「鼻に痛いニキビができた。」

「鼻のてっぺんにポッツリ。触ると痛い!!」

そんな経験は無いでしょうか?

鼻にできる痛いタイプのニキビは「めんちょう」(面疔)の可能性が高いです。

ニキビだったら数日で赤みがひいてくるのに全然治らず、なぜか痛みが増して膿をもってきたり…

鼻はただでさえ目立ち人目につくので、凄く憂鬱な気分になりますし出来るだけ早く対処したいですよね!

 

今回は、そんな鼻にできる痛い腫れもの「めんちょう」についての原因と対策についてまとめさせていただきました。

 

鼻の頂点に痛いニキビができて困っている方、もしくは鼻にニキビができやすい方は是非読んでみて下さい!

「めんちょう」を知り、対策していきましょう!

 

痛い!鼻のニキビ「めんちょう」(面疔)について

触ると痛い、鼻のニキビはめんちょうと呼ばれるできものの可能性が高いです。

顔にできるできもののなかでも、特に口元から鼻を中心に、手のひらで覆うことができる辺りにできるものを、めんちょう(面疔)と呼びます。
ニキビと間違えられることもありますが、異なるものです。
めんちょうは、毛穴や汗腺に黄色ブドウ球菌などの細菌が感染して炎症を起こしたもの。

※医療プレミアより引用

医療関係の方に説明頂いたほうが正確な情報かと思いますので、医療プレミアさんのサイトから引用させていただきました。

  • 痛い
  • 鼻のてっぺん周辺にできやすい
  • なかなか治らない

という特徴があります。ニキビとの違いはなんといっても「痛さ」でしょう。

鼻にニキビができて痛さを感じたら、「めんちょう」を疑ってください。

基本的には皮脂量の多い思春期の人にできやすいと言われていますが、中には30代になっても頻繁にできてしまう事があります。

 

30代でもめんちょうができてしまう原因

皮脂量の落ち着く30代でもめんちょうができてしまう原因として以下のようなものがあげられます。

  • 乱れた生活習慣
  • 間違えたスキンケア
  • つい鼻を触ってしまうクセがある

一つずつ見ていきましょう。

乱れた生活習慣

乱れた生活習慣とは具体的には以下のようなことをいいます。

・睡眠不足
・食生活の乱れ
・ストレス過多
・喫煙
・飲酒

乱れた生活習慣を見直す方法は別記事にまとめさせていただきましたので合わせてお読みいただければ嬉しいです。

これだけ守ればニキビはできない!大人の男ニキビを予防する方法

間違えたスキンケア

男性は女性に比べスキンケアに対する意識が低い為、間違えた方法でスキンケアをしていることでめんちょうができてしまうこともあります。

具体的には以下のようなものです。

・洗顔方法の間違い
・洗顔料選びの間違い
・洗顔後保湿をしていない
・保湿化粧品選びを間違えている

コチラも別記事に詳しくまとめさせていただいておりますので宜しければお読みいただければと思います。

正しい洗顔方法を知るだけであなたのニキビは改善できます!

つい鼻を触ってしまうクセがある

めんちょうの外的要因として一番多いのが、おそらくこれではないかな?と思います。

というのも、私がこれに該当するからです。

特に、仕事中など手が汚い状態で触ってしまうことが多いですね。こればかりはクセなので意識的にやめるのは難しいと感じます。

対策方法としては、「マスク」をするという手段があります。

直接汚い手で触れる事は無いので、めんちょうのリスクを減らすことができますよ。

 

めんちょうの治療法と治療薬

めんちょうの治療は、出来ればすぐに皮膚科に行くのが一番良いです。

もし、それが難しいようであれば、我らの強い味方「テラ・コートリル軟膏」できちっと治してください。

ステロイドがどうしてもいやな方は、効き目はそれほどでもないですが「オロナイン軟膏」が良いでしょう。

 

ニキビであればすぐに赤みが引く「テラ・コートリル軟膏」ですが、めんちょうはなかなか治らず焦るかもしれません。

ですが、赤みがひくまでは塗り続けて下さい。

目安は痛みが無くなるまでです。

一週間もたたないうちに落ち着いてくるはずです。

 

ステロイドによる副作用が怖くなった場合はオロナインに切り替えてもよいでしょう。

私の場合は、痛みがひいたらオロナインに切り替え、赤みがひくまでしっかり塗り続けています。

 

大切なことは2つです。

・早期に治療を始める事
・治るまではしっかり塗り続ける事

特に、ちょっとでも鼻に痛みと謎の赤みを感じたらすぐに薬を塗り始めると、悪化する前に引いていきます。「これはもしや、めんちょうでは?」なんて違和感を感じたら、すぐに薬をぬれば凄く痛くなる前には治るはずです。

また、治るまではしっかり薬を塗り続けて完全に赤みがひくまで治療して欲しいです。

めんちょうの跡は自力では消えない

めんちょうによる跡は通常の赤や茶色のニキビ跡とは違い残念ながら自力では消せません。

なぜなら、出来た時点でターンオーバーが出来ない肌の奥まで膿による炎症が及んでいるからです。

 

私はちょうど鼻の先にめんちょうの跡が残ってしまい、激しく後悔しているところです。

ちなみに、トップ画像の鼻のてっぺんにあるのが私の「めんちょう跡」です……

鼻は日常のケアのおかげで綺麗なのに、めんちょうの跡は全然消えません。

私と同じような事にならないよう、気を付けて下さいね。

 

特に、自分で潰すなどもってのほかです。さらにひどい色の跡が残る可能性がありますので絶対にやめましょう。

薬で、ゆっくり、じっくり確実に炎症を納めていくのが正しい治し方です。

 

めんちょうの跡は自力ではどう頑張っても消せません。しっかり治しましょう。

 

めんちょうの予防法とは

消えないめんちょう跡を作らない為には、できるだけめんちょうを作らないようにしたいですよね。

この項目では、めんちょうの予防法について解説していきます。

めんちょうの予防方法には3つのポイントがあります。

・鼻を触らない
・生活習慣を改善する
・正しいスキンケアを行う

この3点です。

1、鼻を触らない

できるだけ、鼻を触らないようにしましょう。クセで鼻を触ってしまうような方はマスクを日常的に着用してみるのも手です。

2、生活習慣を改善する
3、正しいスキンケアを行う

こちらは私自身の経験をもとに詳しくまとめさせていただきましたのでご参照頂けると幸いです。

私が大人の男ニキビを根本から解決した方法を全公開

まとめ

今回は、鼻の頂点にできる痛いニキビ「めんちょう」について解説させていただきました。

もし少しでも痛みを感じるようであれば、出来るだけ早く治療をしてほしいです。

なぜなら、悪化してしまうと自力で消せない「めんちょう跡」が残ってしまうからです。

市販の薬でも、じっくり治していくことができますので皮膚科に行く時間が取れない方は市販薬でもいいのでしっかり治してください。

赤みがひくまでは使い続けることをオススメします。

 

あなたの鼻のめんちょうの悩みが解決する事を願っています。

 

このサイトではニキビ改善の第一歩として「保湿」によるスキンケアを始める事を推奨しています。

 

ニキビとニキビ跡による悩みから解放されると、不思議と自分に自信が持てるようになります。

 

もし、あなたが

「彼女を作りたい」

「職場で上司や同僚に馬鹿にされたくない」

とお思いであれば、

まず最初に保湿化粧品と洗顔料の見直しを検討する事をオススメします。

 

なぜなら、私を含むニキビに悩む働き盛りの男性はニキビを予防するための、そしてニキビ跡を薄くしていく為の「正しいスキンケア方法」を知らないからなのです。

 

たとえば、昔の私のように多くの方がドラッグストアなどに売っている市販の男性用保湿化粧品を選び、結果的に何も変わらない日々を送り続けていませんか?

 

市販品でいつまでもニキビが改善できないのは、十分な保湿成分を含んでいない事が原因です。

 

市販の男性用保湿化粧品には保湿の要ともいえる

「セラミド」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を全て含んだものがありません。

さらに、本来であれば不必要な肌に余計な負担を与える「保存料」が含まれています。

保湿力が不十分なうえ、ニキビの原因になりかねない成分も含まれているのです。

新しいニキビができるということは、新しいニキビ跡ができるという事です。そのニキビ跡も自力で薄くするには相応の時間がかかります。

 

一方で、通販の保湿化粧品は若干高価ではありますが、上記のような高級で効果のある保湿成分を配合しています。

市販品の男性用化粧品は、ベターっと伸びるだけですが、スッと肌に吸収されるのがお分かりいただけると思います。

きちんとした保湿さえできれば、新しいニキビはかなり出来づらくなります。

私がニキビの悩みを克服したきっかけも通販の保湿化粧品です。

 

十分な保湿効果のある化粧品を使い続けた結果として、ニキビは次第にできなくなり、それまであったニキビ跡も数か月単位の時間はかかりましたが、かなり目立たなくなりました。

遠目で見たらわからないほどです。

 

ただ、そんな通販の保湿化粧品にも、今のニキビの状態や肌質によって選び方が変わってきます。

 

例えば「出来るだけ安くニキビ予防とニキビ跡を薄くしたい」という方と、「老け顔も一緒にケアしていきたい」という方では選ぶ化粧品を変える事をおすすめします。

また、「どんなものを使っても肌に合わずニキビができ続けてしまう方」もいるかと思います。

 

下のリンクでは、あなたが「安物買いの銭失い」にならないよう、私自身が実際にニキビを改善させた時に使った保湿化粧品を紹介しています。

 

是非、あなたのニキビケアの保湿化粧品選びの参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です