デコルテにできてしまうニキビをなんとかしたいあなたへ

「デコルテにプツっとニキビができてるおかげで胸の空いた服が着られない……」
「なぜか胸の上の方にニキビができてしまうんだよな……」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

夏なんか特に、胸元の空いたTシャツを着たくなることも多いので胸元にニキビができると結構悩ましい感じになりますよね。コンシーラーで隠すのも嫌だし、どうにかできないものかなぁと。

私も、顔のニキビに悩んでいた時にデコルテにできるニキビにも悩んでいました。

「体はよく洗っているはずなんだけどな」なんて思いながらも、気が付くとできている胸のニキビ。

今回はそんなデコルテにできてしまうニキビを解決していく方法をご紹介します!

 

デコルテとは胸の事

デコルテってどこのことよ?このニキビはデコルテニキビなのか??とお思いの方もいらっしゃるかと思いますので、まずはデコルテという部位について解説していきます。

デコルテとは首元から鎖骨、そして胸元までの部分の事を指します。

男性であれば、Tシャツから見えるあたりにできるニキビがデコルテニキビという事になりますね。

 

男のデコルテニキビ特有のできてしまう原因と対策方法

男のデコルテニキビは特有のできてしまう原因があります。

1、胸毛をカミソリで剃っている。
2、紫外線UVケアをしていない。
3、シャンプー、リンス、ボディーソープのすすぎ残し

1つずつ見ていきましょう。

 

1、胸毛をカミソリで剃っている。

胸毛をカミソリで剃って処理することが男のデコルテニキビの原因の1つ目です。

カミソリで剃る際に毛が噛んで毛穴を刺激してしまい、それが原因でニキビになるのです。

私も、どちらかというと毛深いほうで胸毛も気になるレベルで生えています。夏になるとどうしても胸の空いたTシャツがメインの服装になりますので、胸毛を他人に見せないためにも定期的にカミソリでケアをしていました。

大体2、3日に1回ぐらいのペースでTシャツから見える範囲を逆剃りで処理してましたね。

もちろん、その頃は保湿がニキビ予防になるなんて知りませんでしたので保湿ケアはしていませんでした。

お風呂で髭剃りの後に適当にジャジャッと剃って終わりって感じです。あなたにも心当たりがありませんか?

実は、それが原因でデコルテニキビができていたのです。

 

ちなみに、除毛クリームも使ったことがありますが、こちらはすぐにヒリヒリしてブツブツができてしまったことがあるので、私的にはあまりオススメはしません。

 

対策方法 剃るのではなく短くする

対策方法としては、胸毛を剃らない方法があります。

「えっ!?剃らないと胸毛のもじゃもじゃが見えて恥ずかしいよ!」

そう思われる方も多いかと思います。

別に胸毛を処理しないという事ではありません。目立たないぐらい短く切ってしまえばいいのです。

私の使っているおすすめアイテムとして以下の物があります。

腕、足の毛用とありますが、私は全身に使ってます。

カミソリを使ったとき特有の毛が生えてくるときの皮膚のチクチク感もありませんし、遠目で見たら毛が無いように見えるぐらい短く処理できるのでオススメです。

夏にハーフパンツをはくときに、すね毛処理にも使えるのが嬉しいところです。

ホームセンターなどでも手に入りますが、ネットの方が安いですよ!

剃るのではなく、短くすることで毛穴への刺激を与えないことでニキビ対策とすることをオススメしますよ!

 

2、紫外線UVケアをしていない

2つ目の原因はUVケアをしていない事です。

そもそも日常的に胸に日焼け止めは塗らないですよね。実はこれがデコルテニキビの原因になっている可能性があります。

紫外線そのものがニキビの原因の一つです。

実は、紫外線は「しわ」「シミ」「たるみ」「乾燥」「肌の老化」の原因になります。

紫外線の浴びすぎは、日焼け、しわ、シミ等の原因となるだけでなく、長年紫外線を浴び続けていると、時には良性、悪性の腫瘍や白内障等を引き起こすことがあります。

※環境省 紫外線環境保健マニュアルより引用

ニキビに対しては、

①日焼け止めを塗らないと角質が厚くなる
  ↓
②肌が乾燥し皮脂の過剰分泌が起きる
  ↓
③結果ニキビができる 
  ↓
④そしてニキビ跡が日焼けをして
消えづらい色素沈着の茶色いニキビ跡に進化する。

この様に悪化の一途をだどってしまうのです。

デコルテのUVケア、紫外線対策を怠ることがニキビの原因の一つとなっています。

 

対策方法 日焼け止めは胸とうなじにも塗ろう

対策としては、日焼け止めを塗りUV対策をしましょう。

顔に塗ったついでに腕とデコルテ、うなじまでまんべんなく塗っておけば問題ないです。

日焼け止めが毛穴に詰まることもニキビの原因になりますから、夜のシャワーやお風呂ではボディーソープを使ってしっかり落としてください。

洗い終わった後は、顔の保湿と一緒にデコルテも保湿しましょう。同時に背中ニキビに悩んでいる方は背中にも塗ったほうが良いです。

デコルテや背中などの広い範囲の保湿は、あまり高いものでなくても大丈夫だと思います。というのも、私自身がデコルテと背中には安価な保湿剤を使っていたからです。

最初はZIGENを塗っていたのですが、使う量が尋常じゃなくすごい勢いでなくなっていくため、やむなく安価なものを使うことにしたのです。

それでも体にニキビはできなくなりましたよ。

ちなみに私が使っていたのはコレです。赤ちゃんにも使えるのであれば大丈夫だろうという安易な発想でしたが、結果的には正解でした。

 「これを顔に使ってもニキビできなくなるんじゃ?」なんて思って顔にも使ってみたら、3日ほどで新しいニキビができました……顔に対しての保湿力としては足りないのでしょうか。

まぁ、顔は24時間365日外界にさらされていますから当然といえば当然かもしれませんね。

 

3、シャンプー、リンス、ボディーソープのすすぎ残し

3つ目の原因は、シャンプー、リンス、ボディーソープのすすぎ残しです。

これらが毛穴に詰まることでニキビができてしまいます。

 

独身の一人暮らしの男性だと、あまり風呂桶にお湯をためて入っている方は多くないと思います。

実際私も毎日シャワーで済ませていました。

そのシャワーの時間すらもパパッとやってジャジャっと洗って終わり!という感じだったのですすぎ残しもあったのかもしれません。

シャワータイムは癒しの時間というよりも、その日の汗を落とすだけの時間という感じでしたね。むしろ時間がもったいないとすら思ってました。

私と同じような方もいらっしゃるかもしれませんね。髪と体を洗った後、よーーーーくすすいでますか?

シャンプー、リンス、ボディーソープのすすぎ残しはニキビの原因になると覚えておいてください。

 

対策方法 上の方から洗おう、できれば湯舟につかろう

体の上の方、髪の毛から顔、体といった順番で洗っていけばそれぞれが毛穴に詰まる心配は少なくなります。

できれば、湯舟にお湯をためてつかると良いです。

すすぎ残しがなくなるだけでなく、血行を良くする効果もでるからです。血行が良くなるとニキビはできづらくなります。

この場合、できるだけきれいなお湯をためて入る方が良いですね。

ユニットバス(お風呂とトイレが一緒)の場合、シャワーを浴びながらお湯がたまっていくと思いますが、あまりきれいなお湯ではないので、この場合はシャワーで念入りにすすぐようにするとよいでしょう。

 

この3点が、男性特有のデコルテニキビの原因となります。

 

心当たりがない方は以下の項目もチェックしてみて!

この3点に心当たりがない方は、顔にニキビができる原因と同じものがデコルテニキビの原因となっている可能性があります。

ニキビの代表的な原因として、以下の物があげられます。

  1. 生活習慣の乱れ
  2. 食生活の乱れ
  3. ストレスの蓄積
  4. タバコを吸っている
  5. お酒をよく飲む
  6. 洗顔方法の間違い
  7. 洗顔料選びの間違い
  8. 保湿化粧品選びの間違い

以上8つです。

コチラに関しては、別の記事に原因と対策をまとめましたのでご確認を頂けるとニキビ改善の新しい気づきがあるかもしれません!

是非、読んでみてくださいね!

私が大人の男ニキビを根本から解決した方法を全公開

 

まとめ

デコルテにできるニキビ、悩ましいですよね。夏は特に胸元が見える衣装を着がちなので人の目が余計に気になりますよね。

そんな男性のデコルテニキビの原因として主に考えられるのが以下の3つです。

1、胸毛処理の間違い
2、紫外線対策をしていない
3、シャンプー、リンス、ボディーソープの残り

まず、この3点を確認してみて改善できそうであれば改善してみてください!きっと胸元にニキビができることは減ってくるはずです。

それとは別に、普通にニキビができる原因がデコルテニキビの原因になっていることも考えられます。

そんな方は、生活習慣の見直しから少しづつ改善していってみてくださいね!

あなたのデコルテニキビの悩みが1日でも早く解決することを心から願っています。

スポンサードリンク

 

このサイトではニキビ改善の第一歩として「保湿」によるスキンケアを始める事を推奨しています。

 

ニキビとニキビ跡による悩みから解放されると、不思議と自分に自信が持てるようになります。

 

もし、あなたが

「彼女を作りたい」

「職場で上司や同僚に馬鹿にされたくない」

とお思いであれば、

まず最初に保湿化粧品と洗顔料の見直しを検討する事をオススメします。

 

なぜなら、私を含むニキビに悩む働き盛りの男性はニキビを予防するための、そしてニキビ跡を薄くしていく為の「正しいスキンケア方法」を知らないからなのです。

 

たとえば、昔の私のように多くの方がドラッグストアなどに売っている市販の男性用保湿化粧品を選び、結果的に何も変わらない日々を送り続けていませんか?

 

市販品でいつまでもニキビが改善できないのは、十分な保湿成分を含んでいない事が原因です。

 

市販の男性用保湿化粧品には保湿の要ともいえる

「セラミド」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を全て含んだものがありません。

さらに、本来であれば不必要な肌に余計な負担を与える「保存料」が含まれています。

保湿力が不十分なうえ、ニキビの原因になりかねない成分も含まれているのです。

新しいニキビができるということは、新しいニキビ跡ができるという事です。そのニキビ跡も自力で薄くするには相応の時間がかかります。

 

一方で、通販の保湿化粧品は若干高価ではありますが、上記のような高級で効果のある保湿成分を配合しています。

市販品の男性用化粧品は、ベターっと伸びるだけですが、スッと肌に吸収されるのがお分かりいただけると思います。

きちんとした保湿さえできれば、新しいニキビはかなり出来づらくなります。

私がニキビの悩みを克服したきっかけも通販の保湿化粧品です。

 

十分な保湿効果のある化粧品を使い続けた結果として、ニキビは次第にできなくなり、それまであったニキビ跡も数か月単位の時間はかかりましたが、かなり目立たなくなりました。

遠目で見たらわからないほどです。

 

ただ、そんな通販の保湿化粧品にも、今のニキビの状態や肌質によって選び方が変わってきます。

 

例えば「出来るだけ安くニキビ予防とニキビ跡を薄くしたい」という方と、「老け顔も一緒にケアしていきたい」という方では選ぶ化粧品を変える事をおすすめします。

また、「どんなものを使っても肌に合わずニキビができ続けてしまう方」もいるかと思います。

 

下のリンクでは、あなたが「安物買いの銭失い」にならないよう、私自身が実際にニキビを改善させた時に使った保湿化粧品を紹介しています。

 

是非、あなたのニキビケアの保湿化粧品選びの参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です