大人の男ニキビを治療!ドラッグストアで手に入る市販の塗り薬はコレ!

大人の男ニキビ、本当にしつこいですよね。
「ふと気付くとポツンとそこにある」みたいな感じで・・・

何とかしたいとは思っても皮膚科に行く時間もとれそうにないし、
ひとまず市販薬で何とか出来ないかと考える方も多いと思います。

そんなあなたの為に、私にも効果があったドラッグストアで購入できる市販の塗り薬3種を紹介します。

薬には、成分によって即効性のあるものや使う事による副作用があったりします。
正しい使い方を知ることで効果的にニキビを治療してきましょう。

また、薬での治療は根本的なニキビ改善にはなりません。あくまでも今あるニキビを治療できるという事も合わせて頭の中に入れておいてください。

※この記事では「ニキビ」は赤くなってしまった「赤ニキビ」に効果のある塗り薬の紹介になります。

 

 

最初に知っておいた方が良い薬の知識

薬を使う前に知っておいた方が良い知識が3つあります。

  1. 薬の種類について
  2. 薬を使う事によるデメリット
  3. 薬を塗る順番

この3つです。

あらかじめ知識を付けておくことで、正しく薬の効果がでるようにしましょう。

1、薬の種類について

薬は「医薬品」と呼ばれ、効果の強さと副作用のリスクによって種類に分けられます。

「第一類医薬品」
医療機関や薬局で処方される薬です。効果が強い代わりにリスクが大きいのが特徴です。
副作用が出る可能性があるため、薬剤師さんによる調剤が必要となります。

「第二類医薬品」
ドラッグストアなどで手に入る薬で、第一類よりも副作用が出にくい薬です。
一般的に「薬」と呼んでいる物は「第二類医薬品」がメインとなります。
今回紹介させていただく薬3種類は全て「第二類医薬品」です。

「第三類医薬品」
こちらもドラッグストアなどで手に入る薬で、第二類よりも治療の効果は弱いです。そのかわり副作用のリスクも少ないです。

一番効果の強い「第一類医薬品」は医療機関、薬局でしか手に入らない為、ドラッグストアで手に入る一番作用の強いものは箱に「第二類医薬品」と書いてあるものになります。

 

また、予防や防止を目的としたものは「医薬部外品」や「化粧品」と呼ばれます。

医薬部外品・・・薬用成分によって症状を防ぐ
化粧品・・・症状が出るのを予防する、美しく見せる

ネット上には「ニキビ治療に効果がある!」と謳った医薬部外品や化粧品がいっぱいありますが、今あるニキビの治療には効果はありません。
治せるのは「医薬品」だけです。

 

2、薬を使うことによるデメリット

薬を使うという事は、それなりのリスクも覚悟しなければなりません。

リスクとは副作用の事です。

例えば、
「ニキビは治ったけど肌がカサカサになった」
「ニキビが痒くなった」
「ニキビではない発疹ができた」
「なんだかヒリヒリするようになった」
等ですね。

「薬」を使うと、こういったことが起こる可能性があることを一応覚えておきましょう。

副作用がでつづけているのにその薬を使い続けると、逆に肌の状態を悪化させかねません。

 

3、塗る順番を守る

薬にはちゃんと塗る順番があります。男性は特に知らない人が多いです。
私も皮膚科の先生に聞くまで知りませんでした。

ニキビ薬の場合は

優しく泡で洗顔をする

保湿化粧品で保湿をする

患部だけに薬を塗布する

の順番です。

保湿をしていない方も多いですが、保湿をする前に患部に薬を塗布しているかたも多いと思います。
この機会に正しい順番を覚えておきましょう!

また、患部にも薬を塗ってしまうと、その部分は肌荒れの原因となります。患部のみに塗るように気を付けましょう。

 

オススメ市販薬 効果順ランキング!

では、ここから私がオススメする市販薬のオススメを紹介します!

私が体感した効果順に並んでいます。

ちなみにこの3種類以外は試したことが無いので他の薬のレビューは出来ませんことをあらかじめご了承くださいませ。

1位 テラ・コートリル軟膏a

はい、第一位はテラ・コートリル軟膏aです。
ニキビに悩んでいた時に色々検索して一番効果がありそうだったので購入しました。

実際に私が試した効果

前日の夜に飲みすぎて帰りも遅くなりあまり眠れなかった翌朝 、洗顔前に顎にポッツリ赤ニキビが!!
洗顔と保湿後、テラ・コートリルを塗って出社しました。
仕事が終わり帰宅後、手を洗っていた時にふと鏡を見ると「あれ?凄く小さくなってる!」というぐらい効き目がありました。

色は黄色みを帯びており、肌の色にもなじみやすいです。

テラ・コートリル軟膏aは「ステロイド」を処方しています。ステロイドってあまり響きが良くないんですよね。
顔に塗るものですし、躊躇する気持ちもわかります。ただ、効能が強いだけあって「凄く効果が早い」です。

効果と治療までの速さの面から1位とさせていただきました!

ただ、ステロイドを配合しているので常に使い続けるのはあまり良くなさそうです。
コレでニキビが治ったら、その後はニキビを作らない努力が必要です。

有効成分

オキシテトラサイクリン塩酸塩 
ヒドロコルチゾン (ステロイド成分)
こんな人にオススメ
・出来るだけ早く治したい!
・ニキビはたまに出来るぐらい。
・日頃はニキビ薬を使っていない。

 

 

2位 ペアアクネクリームW

【第2類医薬品】ペアアクネクリームW 24g ※セルフメディケーション税制対象商品

2位は ペア アクネクリームwです。

コチラもニキビ治療薬としてとても有名ですね。

実際に試した効果は、
寝る前に付けて朝付けたら赤みがひいてかなり良くなっていた。という感じです。

1位のテラ・コートリル軟膏の方が「即効性がある」という点で第2位とさせていただきました。

コチラはステロイドを配合していません、長期間処方しても大きなリスクはなさそうです。
口コミを見ると、副作用の肌荒れやカサカサに悩まされる方もいらっしゃるようです。

有効成分
イブプロフェンピコノール
イソプロピルメチルフェノール
こんな人にオススメ
・ステロイドは使いたくない。
・寝てる間に治したい。

 

第3位 オロナインH軟膏

第3位は、これも有名な「オロナインH軟膏」です。

実際に試した効果はペアアクネクリームWと同じで、寝る前に付けたら翌朝だいぶ良くなってた。という感じです。

第3位の理由は特にありません。2位のペアアクネとあまり大差ない感じです。テラコートリル軟膏よりは弱いと思います。

色は白、塗るとしばらく白いのが残ります。よく刷り込まないとかなり目立つ感じになります。

ただ、オロナインは「ニキビ以外の色々な皮膚トラブル」にも使えるので1個は家にあってもいいと思います。

有効成分
クロルヘキシジングルコン酸塩
こんな人にオススメ
・顔以外にも吹き出物が出来る。
・出来るだけ安い物を探している。

 

 

2位のペアアクネと3位のオロナインはあまり効果に違いは感じませんでした。
圧倒的に1位のテラ・コートリル軟膏が凄かったです。

副作用も考えられますので、お好きな物を選んでいただければと思います。

ですが、もし時間に余裕があるようであれば皮膚科などの医療機関の受診を強くお勧めします。きちんと肌に合った効果のある「第一類医薬品」の薬を処方してもらえるからです。

医者からもらう薬より効果のあるドラッグストアの薬なんてありません。

ドラッグストアの薬を使用して症状が悪化してしまった場合は、すぐに医療機関を受診してください。

さらに悪化する可能性があります。放っておいて取り返しのつかない「跡」になってしまったら身も蓋もありませんから。

 

薬での治療が根本的なニキビ改善ではない

ここまで、ニキビの市販の治療薬を紹介してきましたが、薬での治療はニキビを根本的に改善するものではありません。

なぜなら、「ニキビは再発するから」です。大人の男ニキビは、「ニキビの原因」が重なるとすぐに再発します。ニキビの治療をしても、また新しいにきびができてしまってはどうしようもありません。

例えば、転んで擦りむいたところを薬で治すとします。治ったと思ったらまた同じところを擦りむいたらまた薬で治すことになります。これではいつまでたっても良くなりませんよね。傷跡が余計に深く残るだけです。

ニキビも傷と同じです。ニキビ薬を使ってニキビの治療をするのは根本的なニキビ改善ではない事を認識してください。

 

薬の役割は「治す事」

薬の役割は、「治す事」です。今あるニキビの症状を抑える役割を果たします。

逆に言えば、それ以外の事は出来ません。新しくできるニキビを予防する事は出来ないのです。

それを理解しないと、過去の私のように「できては治り、治ってはできの繰り返し」を行うことになります。

薬の役割は「治す事」だけであると認識してください。

 

大切なのは「作らない事」

根本的な大人の男ニキビ改善に大切なことは「新しいニキビを作らない事」この1点です。

新しいニキビが出来なくなれば、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の機能によって肌のコンディションはどんどん良くなっていきます。

逆に、それが出来ないと先ほどのように「できては治り、治ってはできの繰り返し」になります。

きちんとしたニキビケアの知識を付けて実行していくことで、ニキビは作らなくする事が出来ます。

大切なのは「新しいニキビを作らない事」だとご認識頂ければと思います。

記事下に、具体的なニキビ予防の記事リンクを貼らせていただきました。
合わせてお読みいただけると幸いです。

 

まとめ

今回はドラッグストアで手軽に買える市販薬を紹介しました。

私のオススメは圧倒的に
テラ・コートリル軟膏aです。
朝塗ってその日の夕方に治っているのは衝撃でした。

薬の役割は今あるニキビを治す事です。
ですが、ニキビ改善に最も大切なのは「新しいニキビを作らない事」だと認識してください

たとえ今あるニキビが改善したとしても、ニキビは原因を絶たない限り何度でも再発します。
たとえば、腕に負った傷が治っても、さらに同じ怪我をしたらまた治療が必要になりますよね?ニキビは傷と同じです。
薬の役割は今あるニキビを治す為にあります。

根本的なニキビ改善は「新しいニキビを作らない事です。」

新しいニキビを作らない方法は、ニキビの予防法は下記のリンクからご覧いただけます。

あなたのニキビの悩みが一日でも早く改善できることを願っています。

 

これだけ守ればニキビはできない!大人の男ニキビを予防する方法

スポンサードリンク

 

このサイトではニキビ改善の第一歩として「保湿」によるスキンケアを始める事を推奨しています。

 

ニキビとニキビ跡による悩みから解放されると、不思議と自分に自信が持てるようになります。

 

もし、あなたが

「彼女を作りたい」

「職場で上司や同僚に馬鹿にされたくない」

とお思いであれば、

まず最初に保湿化粧品と洗顔料の見直しを検討する事をオススメします。

 

なぜなら、私を含むニキビに悩む働き盛りの男性はニキビを予防するための、そしてニキビ跡を薄くしていく為の「正しいスキンケア方法」を知らないからなのです。

 

たとえば、昔の私のように多くの方がドラッグストアなどに売っている市販の男性用保湿化粧品を選び、結果的に何も変わらない日々を送り続けていませんか?

 

市販品でいつまでもニキビが改善できないのは、十分な保湿成分を含んでいない事が原因です。

 

市販の男性用保湿化粧品には保湿の要ともいえる

「セラミド」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を全て含んだものがありません。

さらに、本来であれば不必要な肌に余計な負担を与える「保存料」が含まれています。

保湿力が不十分なうえ、ニキビの原因になりかねない成分も含まれているのです。

新しいニキビができるということは、新しいニキビ跡ができるという事です。そのニキビ跡も自力で薄くするには相応の時間がかかります。

 

一方で、通販の保湿化粧品は若干高価ではありますが、上記のような高級で効果のある保湿成分を配合しています。

市販品の男性用化粧品は、ベターっと伸びるだけですが、スッと肌に吸収されるのがお分かりいただけると思います。

きちんとした保湿さえできれば、新しいニキビはかなり出来づらくなります。

私がニキビの悩みを克服したきっかけも通販の保湿化粧品です。

 

十分な保湿効果のある化粧品を使い続けた結果として、ニキビは次第にできなくなり、それまであったニキビ跡も数か月単位の時間はかかりましたが、かなり目立たなくなりました。

遠目で見たらわからないほどです。

 

ただ、そんな通販の保湿化粧品にも、今のニキビの状態や肌質によって選び方が変わってきます。

 

例えば「出来るだけ安くニキビ予防とニキビ跡を薄くしたい」という方と、「老け顔も一緒にケアしていきたい」という方では選ぶ化粧品を変える事をおすすめします。

また、「どんなものを使っても肌に合わずニキビができ続けてしまう方」もいるかと思います。

 

下のリンクでは、あなたが「安物買いの銭失い」にならないよう、私自身が実際にニキビを改善させた時に使った保湿化粧品を紹介しています。

 

是非、あなたのニキビケアの保湿化粧品選びの参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です