【大人の男ニキビ】女性のニキビとの違い。実は原因も予防法も違います!

大人のニキビを何とかしたい!改善したい!とインターネットで調べると、検索結果で出てくるものの多くが「女性」に関しての記事です。様々な対策やオススメのコスメなどの紹介がされていたりしますよね。それだけ女性にとって「ニキビ」は深刻な悩みなのでしょう。

しかしながら、過去の私を含めてニキビに本気で悩んでいる男性もいるのです。

ニキビのせいで馬鹿にされる
ニキビのせいで彼女が出来ない
ニキビのせいで自信が持てない
・・・
等々

本当に悩ましいですよね。

実は、男性と女性ではニキビのできる原因や予防法が異なります。

女性と男性の大人ニキビの違いは「男性ホルモン」「肌に対する意識の低さによる行動」です。
よって、予防法も女性のニキビケアとは違うのです。

男性ならではのニキビの原因と予防法を意識していくことでニキビを改善していきましょう。

 

男性と女性のニキビの違い

男性と女性ではニキビの出来る「原因」が違います。

性別によるホルモンによる違い肌に対する意識の違いがの2つです。

ひとつづつ見ていきましょう。

 

性別によるホルモン量の違い

男性の肌は、男性ホルモンの影響でなんと女性の2倍以上の皮脂分泌があります。
それは、男性であるがゆえの男性ホルモンの量の違いによるものです。

男性ホルモンの過剰分泌は、角質を硬したり、皮脂を過剰に分泌させる原因となります。

硬くなった角質にある毛穴に古くなった角質が詰り、そこに皮脂が過剰に分泌される事でアクネ菌の繁殖を招きニキビとなります。

アブラギッシュになっている男性は多くても、アブラギッシュになる女性は少ないですよね?それがホルモンによる皮脂分泌の量の違いだと思ってもらえるとわかりやすいです。

男性である以上、男性ホルモンの分泌は避ける事はできません。性別によるホルモン量の違いがニキビの原因であることを理解しておいてください。

女性もニキビも基本的にはホルモンバランスの崩れが原因と言われていますが、男性に比べて男性ホルモンの分泌量は少ないです。

 

肌に対する意識の違い

二つ目は、「肌に対する意識の違い」です。

女性は、男性に比べて人に見られることに対する意識が強いです。
「いつまでも綺麗でいたい」「綺麗だと思われたい」それが女性の心理です。

そのため、女性は自分の肌にきちんと「時間とお金の投資」をします。
日常のスキンケアを入念に行っているという事です。

お化粧、クレンジング、化粧水、乳液、美容パックなどがその例ですね。

女性は自分磨きをケチったりしません。
高級なデパートに売っているような化粧品も使いますし、高くても品質の良い「きちんと自分に合ったコスメ」を選んでいます。

しかしながら、男性にはそれがありません。接客業であれば多少は意識するかもしれませんが、そのために何か行動を起こすまでには至らないのです。
ゆえに、何も知らずにニキビができやすい行動してみたり、ニキビ予防に対する知識が無かったりします。

男性と女性には「肌に対する知識と投資」という意識の違いがあります。
それが男女のニキビの違いだと認識していただければと思います。

 

男女の予防方法の違いは「知識」と「行動」

男女のニキビの違いによる予防方法の違いは
「ニキビの知識を得る事」「意識して行動する事」の2つです。

男性が女性に比べニキビへの想いに欠けている部分とも言えます。

ニキビの知識を得る

ニキビの原因となる男性ホルモンによる皮脂の過剰分泌を抑えるための知識を得る事が男性の予防法の第一歩です。

女性は、肌荒れとニキビを作らない為に「どうしたら肌がきれいになるのか、どのコスメを使えばいいのか、どうやって予防したらいいのか、どうやって改善させていったらいいのか、ホルモン治療はどうなのか?どの医療機関がいいのだろうか?」と情報収集をします。そういう「綺麗でいたい」というマインドが元々あるからですね。

対して、男性は積極的に知識を得ようとしません。気になってちょっと調べるぐらいはするかもしれませんが、本気で調べようとはしないはずです。そしてニキビに対する知識が得られないため行動を起こすことが出来ないといえます。

男のニキビの原因を詳しく、わかりやすくまとめたものを記事下にリンクを貼らせていただきました。
読んでいただければ「あぁ、だからニキビが出来るのか」「だからこのニキビ跡が消えないのか」という事が理解できます。

男性ホルモンの分泌を抑える知識と男の大人ニキビの知識をきちんと得る。
これが予防方法の第一歩です。

 

意識して行動する

ニキビに対する知識を得たら、意識して行動する事が予防法となります。

女性は「これは肌に良くない」「これを積極的にやってみよう」
何を言われずともすぐに行動を起こしています。

逆に男性はそれを行いません。知識も意識もないからです。

例えば以下のようなことをしていませんか?

・睡眠が3~4時間と短く睡眠不足を感じる
・外食やコンビニ弁当インスタントばかりでまともな食生活をしていない
・夜にスナック菓子を食べる
・ご飯と麺は大盛が基本
・髭剃りはT字カミソリで逆剃り派
・職場でのストレスがたまっている、発散できない
・顔のアブラギッシュを落とすのにゴシゴシ洗顔する
・市販の洗顔料ばかりを使っている
・洗顔後、髭剃り後に保湿をしていない
・毎日、タバコを吸っている
・毎日のようにお酒を飲んでいる
・基本的に日焼け止めは塗らない

これ、全てニキビの原因です。

中でも、睡眠不足、ストレス、タバコは男性ホルモンの分泌を促進させています。

 

女性であればお肌のコンディションを保つために無意識に避けているはずです。

男性の場合は正しい知識を付けて、意識しながら行動しなければニキビは改善できません。

 

ニキビの治療法は同じ

とはいえニキビはニキビ、男女ともにニキビの治療法は変わりません。
ニキビの根本的な解決方法も、男女ともに変わりません。

「治療は医療機関と医薬品」

「根本的なニキビ改善はターンオーバーの正常化」 

この2点です。

 

治療は医療機関や医薬品

ニキビは皮膚科などの医療機関の受診か、医薬品をつかって治しましょう。

なぜなら、そのまま放置すると、取り返しのつかないニキビ跡になってまう可能性があるからです。

市販薬に頼るのも手ではありますが、自分の肌の状況を知るためにも皮膚科などの医療機関の受診をオススメしています。あなたにあった効果のある薬が処方されるはずです。ニキビの相談にも乗ってくれるかもしれません。一度皮膚のプロに見てもらうことで、正しい知識をつけることもできます。

ニキビの治療は医療機関や医薬品できちんと行いましょう。

 

根本的な改善はターンオーバーの正常化

ニキビの治療だけでは改善は不十分です。なぜならニキビは原因を絶たない限り再発するからです。

再発を防ぐためには、ニキビの原因となる行動をやめた上で肌の生まれ変わり「ターンオーバー」の正常化を意識したニキビケアを行う事が大切です。

医療機関に行くにしても、日常のニキビケアをおろそかにしたりニキビを作る原因となる行動を続けていると、それが原因でニキビが再発します。
すると過去の私のようにニキビができて、薬で治って、またできて、また薬で治すという無限ループが始まります。

今あるニキビを薬できちんと治しながら、新しいニキビを作らない事が改善への道です。

そのカギとなるのが肌の生まれ変わり「ターンオーバー」を正常化させることだとご理解いただければと思います。

ターンオーバーを正常化させてニキビを改善させた私の例を記事下にリンクとして貼らせていただきます。
宜しければお読みいただければと思います。

きっと、あなたにも当てはまっている事があると思います。

まとめ

男性のニキビと女性のニキビの違いは、「肌に対する意識の違い」ともいえます。

例えば、女性は肌のコンディションを保つ為に勉強をし、高級な化粧品やスキンケア用品を使います。それに対して男性はそれをしません。
要するに「自分の肌に興味を持たない」がゆえに「自分の肌に投資をしない」という事です。

女性は、生理など女性ならではの理由でホルモンのバランスが崩れたり、ストレスで男性ホルモンが増加する事によってニキビが出来ますが、男性のニキビは自分の肌に対する意識の低さがゆえの行動ニキビの大きな原因といえます。

逆に言えば、ニキビの原因となる行動さえやめる事ができればあなたのニキビはできなくなっていくはずです。

ニキビに悩むのであれば、医療機関や医薬品で治療を行いながら、日常のスキンケアや生活習慣改善の中で出来ることを少しづつでも実践していってください。

あなたのニキビの悩みが解決する事を心から願っています。

30代の男ニキビ改善!原因と対策、予防方法はコレ!

私が大人の男ニキビを根本から解決した方法を全公開

スポンサードリンク

 

このサイトではニキビ改善の第一歩として「保湿」によるスキンケアを始める事を推奨しています。

 

ニキビとニキビ跡による悩みから解放されると、不思議と自分に自信が持てるようになります。

 

もし、あなたが

「彼女を作りたい」

「職場で上司や同僚に馬鹿にされたくない」

とお思いであれば、

まず最初に保湿化粧品と洗顔料の見直しを検討する事をオススメします。

 

なぜなら、私を含むニキビに悩む働き盛りの男性はニキビを予防するための、そしてニキビ跡を薄くしていく為の「正しいスキンケア方法」を知らないからなのです。

 

たとえば、昔の私のように多くの方がドラッグストアなどに売っている市販の男性用保湿化粧品を選び、結果的に何も変わらない日々を送り続けていませんか?

 

市販品でいつまでもニキビが改善できないのは、十分な保湿成分を含んでいない事が原因です。

 

市販の男性用保湿化粧品には保湿の要ともいえる

「セラミド」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を全て含んだものがありません。

さらに、本来であれば不必要な肌に余計な負担を与える「保存料」が含まれています。

保湿力が不十分なうえ、ニキビの原因になりかねない成分も含まれているのです。

新しいニキビができるということは、新しいニキビ跡ができるという事です。そのニキビ跡も自力で薄くするには相応の時間がかかります。

 

一方で、通販の保湿化粧品は若干高価ではありますが、上記のような高級で効果のある保湿成分を配合しています。

市販品の男性用化粧品は、ベターっと伸びるだけですが、スッと肌に吸収されるのがお分かりいただけると思います。

きちんとした保湿さえできれば、新しいニキビはかなり出来づらくなります。

私がニキビの悩みを克服したきっかけも通販の保湿化粧品です。

 

十分な保湿効果のある化粧品を使い続けた結果として、ニキビは次第にできなくなり、それまであったニキビ跡も数か月単位の時間はかかりましたが、かなり目立たなくなりました。

遠目で見たらわからないほどです。

 

ただ、そんな通販の保湿化粧品にも、今のニキビの状態や肌質によって選び方が変わってきます。

 

例えば「出来るだけ安くニキビ予防とニキビ跡を薄くしたい」という方と、「老け顔も一緒にケアしていきたい」という方では選ぶ化粧品を変える事をおすすめします。

また、「どんなものを使っても肌に合わずニキビができ続けてしまう方」もいるかと思います。

 

下のリンクでは、あなたが「安物買いの銭失い」にならないよう、私自身が実際にニキビを改善させた時に使った保湿化粧品を紹介しています。

 

是非、あなたのニキビケアの保湿化粧品選びの参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です