ZIGENとアクアモイスを大人ニキビ視点で徹底比較しました!

本格的なニキビケアを始めるにあたって、効果のある保湿化粧品を求めて調べると出てくる2種類の化粧品。

それがZIGENアクアモイスです。

 

「どちらかを使ってみようと思うけれど、私のニキビケアには一体どちらの保湿化粧品を使ったらいいのだろうか?」

 

そう思われる方も多いかと思いまして、今回はZIGENとアクアモイスを徹底比較しました。

私がどちらも実際に使った上で、その成分と使用感の違いを解説させていただきます。

 

 

この記事を参考にしていただき、自分に合う保湿化粧品を使いニキビ改善に向けてケアをしていただけると幸いです。

 

ZIGENとアクアモイスの成分と期待できる効果の違い

まず良くある疑問の1つ、ZIGENとアクアモイスってどう違うの?という点について成分と期待できる効果の違いについて解説させていただきます。

まずは、配合されている保湿成分と、その成分の効果を表にしました。

ZIGEN

有効成分期待できる効果
ヒト型セラミド圧倒的な保湿効果
ヒアルロン酸肌の水分保持
コラーゲン肌の調子を整える効果
プラセンタエイジングケア効果、シミ対策効果、肌質改善効果
ハマメリス水毛穴引き締め効果、テカリを防ぐ効果

ZIGENはとにかく保湿に特化しています。

ニキビの原因となる外的要因の一番の原因が「肌の乾燥」によるものなので、それを徹底的に防いでくれるわけですね。

特に注目する成分が「ヒト型セラミド」3種です。保湿といえば「セラミド」というぐらい密接な関係にあります。

ZIGENはニキビを作らないための保湿を徹底的にしてくれる効果が見込めます。

 

アクアモイス

有効成分期待できる効果
浸透性コラーゲン肌表面に対する保湿効果と荒れた肌を整えてなめらかにする効果
ヒアルロン酸肌の外側に保護膜をつくって空気中や化粧品の水分を含んで、それを角質層に与える効果
セラミド肌のバリア機能と高保湿効果。セラミドは数種類あり、多いほど潤いが増す。
ローヤルゼリーシワ防止効果や抗菌作用
アロエエキス保湿効果
ビタミンC誘導体メラニン色素の生成を抑制してシミやソバカスを防止する働き
ニキビ跡にも◎
オウゴンエキス美白効果、抗シワ効果、ターンオーバーの促進
カッコンエキスシワやたるみの防止

アクアモイスは保湿に加えて、年齢に合わせたエイジングケアに特化しています。

「セラミド」等の保湿成分に加えて「シミやシワを予防する」効果が見込める成分を多く含んでいます。

さらに、ニキビ跡を消すために必要な肌の生まれ変わり「ターンオーバー」を促進させるために有効な「ビタミンC誘導体」も配合しています。

アクアモイスはニキビができなくなったあとのエイジングケア、ターンオーバーの促進によるニキビ跡緩和の効果が見込めます。

 

成分的に言えばZIGENは保湿特化型、アクアモイスは保湿+エイジングケアに向いています。

 

続いて使用感の違いを紹介します。

 

ZIGENとアクアモイスの使用感の違い

続いて、使用感の違いです。これは同じオールインワンでありながらジェルタイプと化粧水タイプという違いがあるため、使用感ももちろん違います。

塗った感じの使用感と、塗ってから時間がたった時の違いを紹介します。

塗った感じは全然違う

一言で言えば、「ZIGENは馴染みのある印象、アクアモイスは上品な印象」といったところですかね。

ZIGENはジェルっぽく、アクアモイスはZIGENに比べて水っぽい感じです。

色はZIGENは無色透明、アクアモイスは少し黄色がかっています。

臭いはどちらも完全に無臭です。顔に塗る際も嫌な臭いは一切しません。

 

ちなみに使用する量は、ZIGENが小豆ぐらいの大きさ、アクアモイスは2プッシュです。どちらも顔に良く伸びます。

ZIGENはジェルなのでベターっと伸びていきます。少量なのに驚くほどの伸びで小豆大しか使っていないにもかかわらず顔全体にいきわたります。最初こそベターっとはしているもののすぐに肌に吸収されサラっとします。

それに対しアクアモイスは水っぽく「水っぽいし本当にこれっぽっちの量で伸びるのだろうか?」なんて思っていましたが、実際に使ってみてびっくり、おどろくほどスーッと肌に薄く伸びていきます。そしてスッと肌に吸収されサラサラに。

肌に塗るとZIGENよりアクアモイスの方がスッと肌に浸透してく感じがします。なんというか、アクアモイスの方が使っていて上品な使い心地です。保湿化粧品がなじむまでの時間もアクアモイスの方が若干早いです。まぁ、化粧水タイプですからね。

もちろん、市販の男性用保湿化粧品がいつまでもベタベタしているのとは違い、どちらも塗って数十秒後には肌はサラサラになります。使用を続けることでモチモチでサラサラの肌に近づいていきます。

本当に不思議です。市販の物をあんなに長く使っていたのに全然サラサラモチモチとは無縁だったのに、わずか2ヶ月でニキビができないさらさらの肌に変わるのですから。

時間がたった後の印象

市販の男性用保湿化粧品は、朝塗っても夕方にはアブラギッシュと混じってベタベタとした印象になりますが、ZIGENもアクアモイスも夕方になっても(というか終業の時間から飲みに行くまで)ずっとサラサラの状態を保てます。

これは、保湿がきちんとできているからだと思うのです。

なぜなら、肌は保湿が不十分だから肌から水分を逃すまいと皮膚の表面を皮脂(アブラギッシュ)でコーティングするからですね。この皮脂の分泌が夕方まで感じられないという事は、すなわち保湿ができているから皮脂を分泌する必要が無いともいえます。

市販の化粧品でアブラギッシュになってしまうのは、単純に保湿力が足りていなかったのではないかな?と感じます。

乾燥肌ほどアブラギッシュの方が多いのも、保湿が十分にできていない事が原因だと考えられます。

ZIGEN、アクアモイス共に夕方までしっかり保湿してくれる優れた保湿化粧品といえます。

 

余談ではありますが、顔がアブラギッシュになっているときに涙が出ると、顔のアブラと涙が混じって目に入るとき痛いぐらい目に沁みますよね。あれが一切なくなったのも嬉しいポイントです。

 

ZIGENとアクアモイスの容量の違い

ZIGENとアクアモイスはそれぞれ容量が違います。

 ZIGENアクアモイス
内容量100g50g
使用回数朝夕各1回づつ朝夕各1回づつ
使用量小豆大朝2プッシュ
夕3プッシュ
期間約2ヶ月分約2ヶ月分

表を見てもらえばわかりますが、どちらも朝夕に使用で1本あたり2ヶ月目安に使うことが出来ます。

1回に使う使用量がアクアモイスの方が少ない為、このようになっています。アクアモイスの方が肌への吸収が早い気がするのもこの使用量が関係しているのかもしれませんね。

ちなみに私の場合はケチっているわけでは無いですが、どちらも2ヶ月半は持ちます。

 

ZIGENとアクアモイスの口コミと実際に感じた事

ZIGENとアクアモイスの口コミと、それに対する私の感想をまとめました。

ZIGENの良い口コミ

良い口コミとしては以下のようなものが多いですね

  • 色々な物を試してきたが、これが一番良かった
  • きちんと潤っている感じがする
  • 肌の調子がかなり良くなった感じ
  • 髭剃り後もヒリヒリしなくなった
  • カミソリ負けしにくくなった
  • 1本塗って終わりなので楽

実際に色々な口コミを見てみると、好印象の物が多いですね。

中でも多いのが「ちゃんと潤ってる」「肌の調子が良い感じ」「使用するのが楽」というもの。私も何回もリピートしていますが、私は実際に良いからそういう評価が出ているのだと実際に使って感じています。

男性であれば避けられない「髭剃り」の後の保湿時にヒリヒリしないのもポイントの一つですね。

 

ZIGENの悪い口コミ

ZIGENの悪い口コミとして多いのが以下のような物です。

  • ベタつきがあって重い
  • 肌が赤くヒリヒリする
  • 口コミがサクラっぽい
  • 最初のシールがべた付く

10000人いたら10000人に合う化粧品はこの世には存在しないので、単純に肌に合わなかった方もいらっしゃるのでしょう。

そんな肌が赤くなってしまう原因として考えられるのは、配合されている「パルミチン酸レチノール」による「レチノール反応」だと思います。(医者ではないので断定はできませんが)

レチノールに反応して肌が赤くなってしまう症状のことを言うようですが、使い続けているうちに赤みはおさまっていくようです。ですが、いったん赤くなったら不安になりますよね。

そんな方には、敏感肌用のGEEVが良いかもしれません。

口コミがサクラっぽいのは…確かに、良い評判が多すぎて不安になりますよね。

やらせ感が凄いというか。実際に使い続けてもらわないとわからないとは思うのですが、私は実際に良いものだと感じているので、今でも使い続けています。

あなたは1度でも商品レビューを書いた事がありますか?私だったらよほど良い物、悪い物でない限り面倒くさくて商品レビューなんて書きません。
そんな口コミがこれだけ上がっているというだけでも評価できると思いませんか?

実際に使っている使用感としては「本物」だと感じます。逆に「肌が荒れた」というレビューがネガキャンなのではないかと疑ってしまうほどです。

最初のシールがべた付くのは、非常に共感できます。

蓋があかないように最初シールが貼ってあるのですが、どうはがしても綺麗にはがれません。そして最後まで使い終わってもなおベタベタしているという……なんとかならないんですかね~

私的には、このシール以外は不満は無いんですよ!

アクアモイスの良い口コミ

アクアモイスの良い口コミは以下のような物が多かったです。

  • サラッとしたスベスベ感が夕方まで持続して嬉しい。
  • しっかり保湿してくれている感じがする。
  • 伸びがよくサラサラした付け心地が気に入っている。
  • 3+1本のセットで毎回購入している。
  • 無くてはならない存在になりました!
  • ニキビができなくなった、肌質が変わった気がする。

年代でいうと特に30代以上の方に支持されているようです。

30代半ばからは丁度肌の曲がり角の年齢なので、年齢に応じたスキンケアを探している方にも支持をされているようです。

もちろんニキビに悩んでいる方、肌荒れに悩んでいる方にも支持をされているのがわかりますね。

オールインワンなので不精な私にもピッタリという意見もありました。これは、私にもそのまま当てはまりますね。「超」がつくほどの面倒くさがりなので洗顔後にサッと塗って終わりというのは本当にありがたいです。

 

アクアモイスの悪い口コミ

アクアモイスの悪い口コミは以下のような物がありました

  • 1ヶ月使ってみたが、何の効果も表れない。
  • 肌に合わなかった、ニキビができた。
  • 値段が高すぎる。
  • 保湿力がイマイチに感じる。

悪い口コミはほうれい線やしわを気にされる40代の方が多かったです。

そもそも、化粧品でほうれい線やしわは消えません。いかに早い段階で予防するかがカギです。同じような口コミから化粧品に劇的な変化を求めている方が非常に多いなと感じました。

「わずか1ヶ月で何が変わるというのか?」と思ってしまいます。私がニキビケアを始めてからもニキビができなくなるまで約2ヶ月かかったというのに……せめて1本使い切ってからレビューして欲しいものです。

ニキビができたという口コミもあったにはあったのですが、かなり少数でした。私が発見しただけでも1件だけです。肌に合わない方は少ないのかもしれません。

値段が高すぎるというのは共感できます。

単品で1本5000円オーバーはいくらなんでもちょっと高すぎます。「まとめ買いか定期購入をしてくれ!」とセールスをされている気分になりますね。

ちょっと試してみたい人にとっては結構抵抗がある金額だと思います。私は最初こそ単品買いしましたが、以後は3+1本セットを購入するようにしています。

 

保湿の効果が無いような気がするというのも、スッと肌になじんでしまうからでしょうね。それまで市販の保湿化粧品をつかっていたとしたならば、確かにベターーーッと感が無いので塗った感じに物足りなさを感じるかもしれません。

私的にはあの市販のベターっと感が嫌いなので、むしろありがたいと感じますけどね。

 

悪い口コミは以上です。続いて価格の違いを紹介します。

 

ZIGENとアクアモイスの価格の違い

ZIGENとアクアモイスではZIGENの方がコストパフォーマンスに優れています。

わかりやすく表にしました。

 ZIGENアクアモイス
単品購入3990円+送料5184円+送料
フェイスウォッシュとのセット購入6190円
5660円 送料無料
×
2本セット7980円→
7560円 送料無料
×
3本セット11970円→
10800円 送料無料

1本あたり3600円
3本セットだと+1本付いてくる 合計4本
20736円→
15552円 送料無料

1本あたり3888円
定期コース買い忘れを防げるだけで単品価格は同じです!5184円→
4666円 送料無料

ちなみに、これらは今現状最安値で買えてポイントもたまる公式サイトで購入した場合です。

表を見てもらえばわかると思いますが、アクアモイスも3+1本まとめ買いをするなどすれば1本あたりのコストをZIGENの単品価格より抑える事ができます。

私はアクアモイスを購入する際は1本単価を落とすために3+1本まとめ買いをするようにしています。これで1年近くもつのでかなりお得な感じがしますよね。

 

まとめ買いが出来るようであれば値段の違いがそこまで無いので、ニキビが落ち着いてきている状況であればお好みの方でいいのではないかなと思います。

 

ここで1つ注意点があります。

それは洗顔料です。ニキビケアは洗顔料選びもとても大切。市販の男性用洗顔料の多くはニキビ肌には洗浄力が強すぎます。

肌に本来必要とされる潤いまで一緒に洗い流してしまうのです。洗顔後になんだか顔がツッパることがありませんか?それは肌の潤いが洗い流されています。

肌に刺激を与えない、洗浄力の強すぎない洗顔料が必須となります。

ZIGENの場合はニキビケアにも良い洗顔料とセットで購入ができるのですが、アクアモイスは洗顔料とのセットというものがありません。なので別に洗顔料を用意する必要があるのです。私が使ってきた中で実際に効果を感じたのはNonA.の洗顔石鹸なのですが、これを別に購入する必要が出てきます。

それも一緒に考えなければなりません。ちなみにNonA.石鹸も約2か月と書かれていますが、私の体感では3~4ヶ月ぐらいは持ちます。洗顔ネットに石鹸を少しこすりつけるだけで物凄いモチモチの泡ができるのでなかなか減らないです。

参考までにNonA.石鹸の価格もまとめさせていただきました。

 Non.A石鹸
単品2940円+送料
3個セット7980円 送料無料

1個あたり 2660円
購入者にメールで案内が届く定期コース2940円→
2469円+送料

 

一度ニキビが落ち着いたからといっても、ここで市販のものに戻るとニキビが再発しかねません(私が注文を忘れてZIGENが届くまでの数日間1回市販のにもどしたとき、ポツっと出てきた経験があります)

ZIGENもアクアモイスも確かに市販のものと比べると若干高価ではありますが、ニキビができなくなると思えば安いものだと思いませんか?

私は今ではZIGENのオールインワンジェルとフェイスウォッシュのセットばかりを追加で注文し続けています。

しっかり保湿してくれニキビができないのに一番コストパフォーマンスが良いからです。さらに洗顔料を別に買い足さなくて良いので面倒くさくないというのが理由ですね。

 

 

ZIGENとアクアモイスはこんな人にオススメ

男の大人ニキビに悩む方の視点から見て、ZIGENとアクアモイスそれぞれで、向いている選び方を紹介します。

ZIGEN

ZIGENはこんな方にオススメです!

  • 本格的なニキビケアの最初の1本として。
  • 絶対にニキビを作りたくない方に。
  • コストパフォーマンス重視の方に
  • 洗顔や保湿の事を考えるのが面倒くさい方に

ZIGENはアクアモイスと比べてコストパフォーマンスに優れています。

今回の比較対象であるアクアモイスと比べてもらえばわかると思いますが、これだけの有効成分を配合している他の化粧品と比べると圧倒的に安価です。

女性用のオールインワンを見てみるとアクアモイスより高単価なものが普通だったりします。

保湿化粧品は使い続ける事が大切です。使い続けるためにもコストパフォーマンスは重要な項目の1つです。

 

ZIGENは特にフェイスウォッシュとのセットに注目して欲しいです。特にそれまで市販の男性用洗顔料を使っていた方に得にオススメできます。

なぜなら、肌に優しい洗顔料をお得に手に入れる事が出来るからです。一度使ってもらえばわかると思いますが、やさしい泡で洗うと洗顔後のツッパリも乾燥もおきないことに驚くと思います。

同じメーカーの物で洗顔と保湿を行える、いわゆる「ライン使い」ができるのも大きなポイントです。メーカーがバラバラの物をつかっていると、もし肌に合わなかった場合にどのメーカーの物が肌に合わないのか特定するのが大変ですが、ライン使いをしていれば「このメーカーのものが肌に合わない」と特定できるからですね。

色々考えるのが面倒くさい方にもオススメです。
とりあえず何も考えずにZIGEN使っておけば肌のコンディションは良くなっていきますから。

そんなZIGENを購入するなら、Amazonがオススメです。

 

アクアモイス

一方アクアモイスはこんな方にオススメです。

  • 「最近老けたんじゃない?」「お前もおっさんになったな~」なんて言われたら
  • ニキビはほとんどできなくなった。予防と一緒にニキビ跡ケアがしたい
  • 多少の予算は確保できる。
  • 30代半である。

アクアモイスの特徴は「エイジングケア」も一緒に出来る事です。30代半ばから肌はどんどん老化の一途をたどっていきます。そんな中でシワやほうれい線の予防を兼ねられるのは嬉しいポイントです。

もちろんニキビ予防のための保湿の機能もバッチリです。朝付けて夜までサラサラモチモチの肌が続きます。

ただ、ZIGENに比べて若干お高めとなります。これは3+1本のセットを購入する事でZIGEN並みの値段に抑える事ができます。多少の予算を確保出来る方にオススメです。

実際の使用感もアクアモイスの方が上質な印象です。サッと塗ってスッと吸収され、それからずっとサラサラが続きます。わずか数十秒でケアがおわります。

こちらはニキビがほとんどできなくなった後にニキビ跡のケアを兼ねたい方にオススメです。

なぜなら、ニキビ跡を薄くするために必要なターンオーバーを促進させるための「ビタミンC誘導体」を含んでいるからです。

使っているうちに肌のコンディションが良くなり、気付いたらニキビ跡はだいぶ薄くなっていることでしょう。

 

そんなアクアモイスを購入するなら、今のところ最安値で購入できる公式サイトがオススメです!

まとめ

今回は、私のオススメしている男性用保湿化粧品のZIGENとアクアモイスの比較を大人ニキビの観点から書かせていただきました。

ZIGENはコストパフォーマンス的にニキビケアの最初の一歩とニキビ跡が薄くなってからの日常使いに向いています。

対してアクアモイスは、ニキビができなくなってきてからニキビ跡のケアを重点的に行いたい方に向いています。多少ZIGENと比べると高価ではありますが、同時にエイジングケアも行うことができますので予算が割ける方はコチラをおすすめします。

ちなみに私は、ZIGENからニキビケアを始めて、その後GEEVを試し、アクアモイスを使い続けた後に最終的にZIGENに戻ってきました。

理由は単純で「保湿をしっかり行いニキビケア予防をばっちり行いたい」「できるだけ安く済ませたい」という2点だけです。
使用感はアクアモイスの方が好きなので、もしアクアモイスが洗顔料と一緒でZIGENぐらいの金額であったとしたらアクアモイスを使い続けていたかもしれません。

ZIGENとアクアモイス、あなたに合っているのはどっちでしょうか?

どちらにしてもニキビ予防はバッチリできます!気に入ったほうを使ってみていただけると嬉しいです!

あなたのニキビの悩みが1日でも早く解決する事を願っています。

 

このサイトではニキビ改善の第一歩として「保湿」によるスキンケアを始める事を推奨しています。

 

ニキビとニキビ跡による悩みから解放されると、不思議と自分に自信が持てるようになります。

 

もし、あなたが

「彼女を作りたい」

「職場で上司や同僚に馬鹿にされたくない」

とお思いであれば、

まず最初に保湿化粧品と洗顔料の見直しを検討する事をオススメします。

 

なぜなら、私を含むニキビに悩む働き盛りの男性はニキビを予防するための、そしてニキビ跡を薄くしていく為の「正しいスキンケア方法」を知らないからなのです。

 

たとえば、昔の私のように多くの方がドラッグストアなどに売っている市販の男性用保湿化粧品を選び、結果的に何も変わらない日々を送り続けていませんか?

 

市販品でいつまでもニキビが改善できないのは、十分な保湿成分を含んでいない事が原因です。

 

市販の男性用保湿化粧品には保湿の要ともいえる

「セラミド」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を全て含んだものがありません。

さらに、本来であれば不必要な肌に余計な負担を与える「保存料」が含まれています。

保湿力が不十分なうえ、ニキビの原因になりかねない成分も含まれているのです。

新しいニキビができるということは、新しいニキビ跡ができるという事です。そのニキビ跡も自力で薄くするには相応の時間がかかります。

 

一方で、通販の保湿化粧品は若干高価ではありますが、上記のような高級で効果のある保湿成分を配合しています。

市販品の男性用化粧品は、ベターっと伸びるだけですが、スッと肌に吸収されるのがお分かりいただけると思います。

きちんとした保湿さえできれば、新しいニキビはかなり出来づらくなります。

私がニキビの悩みを克服したきっかけも通販の保湿化粧品です。

 

十分な保湿効果のある化粧品を使い続けた結果として、ニキビは次第にできなくなり、それまであったニキビ跡も数か月単位の時間はかかりましたが、かなり目立たなくなりました。

遠目で見たらわからないほどです。

 

ただ、そんな通販の保湿化粧品にも、今のニキビの状態や肌質によって選び方が変わってきます。

 

例えば「出来るだけ安くニキビ予防とニキビ跡を薄くしたい」という方と、「老け顔も一緒にケアしていきたい」という方では選ぶ化粧品を変える事をおすすめします。

また、「どんなものを使っても肌に合わずニキビができ続けてしまう方」もいるかと思います。

 

下のリンクでは、あなたが「安物買いの銭失い」にならないよう、私自身が実際にニキビを改善させた時に使った保湿化粧品を紹介しています。

 

是非、あなたのニキビケアの保湿化粧品選びの参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です