男の大人ニキビを治す化粧水など「存在しない」ニキビ改善の真実

「ニキビに効果のある化粧水で効果のあるものを知りたい!」
そんな思いで検索される方も多いかと思います。

出てくる検索結果は、いかにもニキビに効果がありそうな商品がずらっと出てきますよね。

一体どれを選んだらいいのか、本当にニキビに効果があるのか全然わからなくなると思います。

私も、実際にいろいろ提案された結果、いったいどれが自分にとって良いのか、本当に効果があるのか疑心暗鬼になっていました。

そんななかで色々調べた結果、「ニキビを治す化粧品は存在しない」事が判明しました。

この記事では「ニキビに効果があるとうたっている化粧水」の真実と、ニキビ予防に効果のある化粧水選びのポイントを紹介します。

 

「ニキビに効果のある化粧水」や
「ニキビを改善させる化粧水ランキング」の真実

ネット上には、「ニキビに効果がある化粧水」「ニキビを改善した化粧水ランキング」など様々な情報が上がっています。

ですが、実際にニキビに効果がある化粧水などこの世には存在しないのです。なぜなら、化粧水をはじめ化粧品の役割は、「美しく見せる、隠す、防ぐ」効果しかないからです。

ゆえに、様々なうたい文句があっても、肌の表面の「角質層」までしか成分は浸透できません。実際に治療ができるのは、顆粒層より深く有効成分を患部まで浸透させる効果のある「医薬品」のみとなります。

なぜなら、化粧水をはじめとする化粧品には有効成分を患部まで到達させることが出来ないからです。
これは薬事法という法律で決められており、化粧品が作用を及ぼすことが出来るのは肌の表面である「角質層」までとされています。

なので、様々な化粧水が「角質層の隅々までぐんぐん浸透」などのうたい文句をしていますが実際は肌の表面までしか浸透していません。

ちなみに、「医薬部外品」の化粧品もありますが、こちらも役割としては薬用成分で、症状を「防ぐ」事を目的としています。

私も見事に勘違いをしており、「ニキビに肌に!」などのPOPがついているようなものを使っていればニキビは勝手に治っていくものだと思っていました。
しかしながら、全然改善されませんでした。それは使っていたものが化粧品だったからです。

化粧品ではニキビの治療は出来ません。
ニキビができたら、皮膚科などの医療機関の受診や医薬品できっちり治しましょう。
これを面倒くさがってニキビを放置すると、改善が難しいニキビ跡に発展する恐れがあります。

初期段階で治療をすることを強くオススメします。

自宅でニキビを治すためのニキビのオススメ市販薬は以下のリンクからどうぞ

大人の男ニキビを治療!ドラッグストアで手に入る市販の塗り薬はコレ!

 

ニキビ改善は3本の柱でできている

ニキビ改善は3本の柱でできていると考えていただけると分かりやすいかと思います。
実際に、私もこの3本を並行して行うことでニキビの改善を行いました。

1つが「ニキビ治療」、2つは「ニキビ予防」です。

2~3か月続けることで、軽度であればニキビ跡も目立たない程度に薄くなってきますよ。
逆にこれらのどこかがうまくいっていないとニキビに悩まされることになります。

1つずつ見ていきましょう

 

ニキビの治療

ニキビの治療は、皮膚科などの医療機関の受診および医薬品で行いましょう。

なぜなら、面倒くさがって、ニキビを放置するとさらに改善が難しいニキビ跡に発展する恐れがある為です。

自己治癒もできないことはないですが、下手すると悪化する可能性もあります。

朝の洗顔保湿後と夜の洗顔保湿後に薬を塗るだけです。
ニキビができたら、きちんと皮膚科や薬で治す癖を付けるようにしましょう。

 

ニキビができる外的要因の排除

ニキビができる外的要因を排除しましょう。
外的要因とは体の外側にあるニキビができる原因のことで大きく分けて以下の3つです。

「洗顔方法の見直し」「洗顔料の見直し」「保湿化粧品の見直し」

これらが出来ていないと、いくら治療をしても新しいニキビができ続ける原因となります。
私はニキビに悩んでいた時に皮膚科に通って治療をしていたのですが、この3つを知らなかったために「治ってはでき、治ってはでき」の無限ループを繰り返していました。

ニキビに悩んでいる人ほど、きちんと保湿をしなければいけません。

保湿化粧品は、ケチらずきちんとした保湿の有効成分を含んだニキビを予防する物を選んでニキビができないように予防しましょう。
有効成分は具体的には「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「プラセンタ」です。

逆に、ニキビ改善の有効成分は必要ないのか?が気になるポイントだと思いますが、結論からいえば「保湿さえきちんとできていれば必要ない」というのが私の意見です。

なぜなら、私自身がほぼ「保湿」だけでニキビができなくなったからです。

先ほども説明させていただいた通り、化粧品にはニキビを治療させる効果はありません。きちんとした保湿が出来ていない事こそがニキビの原因なのです。

有効成分がちゃんと含まれているもの使いきちんとした保湿を続けるだけで、ニキビは予防できます。

ニキビを作らないための洗顔、保湿は以下のリンクに詳しくまとめました。
是非読んでみてください!

正しい洗顔方法を知るだけであなたのニキビは改善できます!

 

ニキビができる内的要因の排除

ニキビができる内的要因を排除しましょう。
内的要因とは、体の内側にあるニキビの原因の事です。

具体的には以下の5つが挙げられます。

1、生活習慣の改善
2、食生活の改善
3、ストレスの発散
4、禁煙
5、禁酒

この5つを意識し生活することでニキビを予防する事が出来ます。

なぜなら、これらが出来ていないからこそ新しいニキビができ続けるからです。

たとえば、今のあなたの生活習慣と食生活、乱れていませんか?

度重なる残業、削られる睡眠時間、溜まるストレス。
これらはニキビの原因となる皮脂を過剰分泌させる原因となります。

さらに、食生活の乱れからくる野菜不足、喫煙、お酒の飲みすぎなど。
肌を健康に保つ為に必要なビタミンが圧倒的に不足します。

朝起きたら、ニキビがポツっとできていることありませんか?
私は独身の一人暮らしをしていたとき常に上にあげたような生活をしていたため常にニキビが絶えませんでした。

これらを改善させない限りニキビはでき続けます。
出来るところから1つずつ改善していきましょう。

私がニキビを改善させた具体的な方法は以下のリンクからどうぞ

私が大人の男ニキビを根本から解決した方法を全公開

 

ニキビに効果があるとされる化粧品の役割とは

「ニキビに効果がある」とされる化粧品の役割とはニキビを「予防する」という事です。

先ほども説明させていただいた通り、化粧品ではニキビの治療はできません。
しかしながら、薬ではニキビの予防はできません。薬ができるのは「治療」をするだけです。

先ほどのニキビ改善には3本の柱それぞれが大切で、どれが欠けてもニキビの根本的解決はできません。
化粧品は、真ん中の柱を支える予防の力があります。

具体的には「保湿」の力が重要です。
なぜなら、保湿がきちんとできていないからニキビができるといっても過言ではないからです。
保湿さえきちんとできていれば、肌の乾燥からでる皮脂の過剰分泌を防ぐことが出来ます。

化粧品の役割はニキビの予防をすることです。
きちんとした保湿の有効成分を含んだ化粧品を選びましょう。

ニキビに効果があるとされる化粧品をきちんと使うことで、真ん中の柱を改善させることが大切です。

 

まとめ

男の大人ニキビを治す化粧水は、ありません。
化粧水にできるのは、ニキビを予防するための「保湿」だけです。

ニキビの治療ができるのは、医療機関の受診か、医薬品だけです。
ニキビができてしまったら、きちんと薬で治療していくようにしましょう。
これを怠ると、さらに改善が難しいニキビ跡に発展する可能性があります。

ニキビの改善に大切なのは「治療」と「予防」です。
なぜなら、予防が出来ていないと、治療をし続けても「治ってはでき、治ってはでき」の無限ループになるからです。

具体的には、「治療」と「体の外にあるニキビの原因をなくす」「体の内側からのニキビの原因をなくす」という3本柱です。

薬にできるのは1本目の柱の「治療」だけです。薬で予防は出来ません。
予防効果は、きちんとした保湿効果が見込める化粧品が必要不可欠です。

私は自分のニキビを改善させた、肌に優しい洗顔料と保湿成分をきちんと含んだ通販のオールインワンの使用をオススメしています。

「セラミド」「プラセンタ」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などの保湿有効成分もばっちり含まれています。
使った瞬間から市販品との違いに驚くはずです。

ニキビを治す化粧水はありませんが、きちんとした保湿成分を含んだ化粧水であればニキビの予防はできます。

治療と予防の二つを意識しながらニキビ改善をしていく事をオススメします。

あなたのニキビの悩みが1日でも早く解決することを願っています。

 

このサイトではニキビ改善の第一歩として「保湿」によるスキンケアを始める事を推奨しています。

 

ニキビとニキビ跡による悩みから解放されると、不思議と自分に自信が持てるようになります。

 

もし、あなたが

「彼女を作りたい」

「職場で上司や同僚に馬鹿にされたくない」

とお思いであれば、

まず最初に保湿化粧品と洗顔料の見直しを検討する事をオススメします。

 

なぜなら、私を含むニキビに悩む働き盛りの男性はニキビを予防するための、そしてニキビ跡を薄くしていく為の「正しいスキンケア方法」を知らないからなのです。

 

たとえば、昔の私のように多くの方がドラッグストアなどに売っている市販の男性用保湿化粧品を選び、結果的に何も変わらない日々を送り続けていませんか?

 

市販品でいつまでもニキビが改善できないのは、十分な保湿成分を含んでいない事が原因です。

 

市販の男性用保湿化粧品には保湿の要ともいえる

「セラミド」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を全て含んだものがありません。

さらに、本来であれば不必要な肌に余計な負担を与える「保存料」が含まれています。

保湿力が不十分なうえ、ニキビの原因になりかねない成分も含まれているのです。

新しいニキビができるということは、新しいニキビ跡ができるという事です。そのニキビ跡も自力で薄くするには相応の時間がかかります。

 

一方で、通販の保湿化粧品は若干高価ではありますが、上記のような高級で効果のある保湿成分を配合しています。

市販品の男性用化粧品は、ベターっと伸びるだけですが、スッと肌に吸収されるのがお分かりいただけると思います。

きちんとした保湿さえできれば、新しいニキビはかなり出来づらくなります。

私がニキビの悩みを克服したきっかけも通販の保湿化粧品です。

 

十分な保湿効果のある化粧品を使い続けた結果として、ニキビは次第にできなくなり、それまであったニキビ跡も数か月単位の時間はかかりましたが、かなり目立たなくなりました。

遠目で見たらわからないほどです。

 

ただ、そんな通販の保湿化粧品にも、今のニキビの状態や肌質によって選び方が変わってきます。

 

例えば「出来るだけ安くニキビ予防とニキビ跡を薄くしたい」という方と、「老け顔も一緒にケアしていきたい」という方では選ぶ化粧品を変える事をおすすめします。

また、「どんなものを使っても肌に合わずニキビができ続けてしまう方」もいるかと思います。

 

下のリンクでは、あなたが「安物買いの銭失い」にならないよう、私自身が実際にニキビを改善させた時に使った保湿化粧品を紹介しています。

 

是非、あなたのニキビケアの保湿化粧品選びの参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です