大人の男ニキビ専用!男のニキビ.comの洗顔料ランキング

「男性 ニキビ 洗顔 効く」「男 ニキビ 洗顔 ランキング おすすめ」などで検索をかけると様々な化粧品を紹介するランキングページやレビューページが出てきますよね。

そんな乱立するランキングサイトを見て「良さそうには感じるけど、一体何がいいのか分からない」と感じませんか?

そんなあなたに、ニキビの悩みを改善した私が洗顔料選びの基準にした「洗顔料選びのポイント」をご紹介します。これだけ押さえておけば、あなたにも「何を買えばいいのか、何は買わないほうが良いのか」の基準が出来ます。

どれを使えば自分のニキビは改善の方向に向かっていくのか?を知りたい方は是非読み進めてみて下さい!

続いてそんな私がオススメする「洗顔料ランキング」の最安値購入先と口コミリンクを紹介します。

 

大人の男ニキビに悩む方が洗顔料を選ぶポイント

ニキビに悩む方の洗顔料選びのポイントは3つです。

1、必要な皮脂と角質まで落とさない事

2、肌に優しい成分を含んでいる事

3、続けやすい事

 

肌質を自己判断しない方が良い理由

サイトによって肌質がどうという方も多いですが、あまり気にしないほうが良いというのが私の意見です。それは自分の肌質は自分では判断できないからです。皮膚科などの皮膚のプロに相談しなければ分からないのです。

例えば、オイリー肌や脂性肌だと思っている方が自分でそう判断したとしても、実は乾燥肌で、肌が乾燥を防ぐために皮脂を大量分泌してオイリー肌になっている可能性もあるからです。

大切なことはこの3点です。ひとつづつ見ていきましょう!

ポイント① 必要な皮脂と角質まで落とさない事

必要な皮脂と角質まで落としてしまうと、肌が乾燥します。

肌が乾燥すると、肌の表面にあるバリアの役割をもつ「角質」が硬くなります。古い硬い角質が毛穴に詰り、なおかつ肌は乾燥を防ぐために皮脂を大量に分泌します。

その皮脂が毛穴につまってしまいアクネ菌が繁殖することがニキビの原因です。

 

市販の男性用の洗顔料は、ニキビ肌の方には合いません。

私のように色々試してきた方ならわかると思います。ニキビ改善していきましたか?してないからこのページにたどり着いたのだと思います。実は市販の洗顔料はニキビ肌にとって洗顔力が強すぎるのです。

市販の洗顔料は本来必要とされる肌のうるおい成分である皮脂と角質までごっそり洗い流してしまいます。洗い終わった後、肌のツッパリを感じたことはありませんか?その後カサカサに乾燥したこともあるはずです。

それが、必要な成分まで奪ってしまった証拠です。その洗顔料の使用は早速今日からやめたほうがよいです。それはあなたの肌には合っていません。ニキビを悪化させる、新しいニキビを作り出す原因になりますよ!

これは、市販の洗顔料に配合されている肌にとって「刺激の強い合成界面活性剤」という成分の効果です。
洗顔料である以上、合成界面活性剤の存在は欠かせないものではあるのですが、中には非イオン系と呼ばれる肌にとって刺激の弱い界面活性剤を配合した洗顔料もあります。

きちんと洗浄が出来て、なおかつ肌にとって刺激の弱い洗顔料を選びましょう。これが一つ目のポイントです。

 

ポイント② 肌に優しい成分を含んでいる事

22日つ目のポイントは、洗顔料に含まれている成分です。

特に何も考えずに成分を良く見る事も無く、「これならニキビに効きそうだ!」とドラッグストアなどで「ニキビ用洗顔No.1」などのPOPがついた商品を選んでいませんか?

昔の私もまさにそうでした。選ぶのが「面倒くさい」と適当にPOPを見て洗顔料を選んでいた・・・これがニキビを悪化させていたのです。きちんと肌に優しい成分を含んでいる物を選びましょう。逆に言えば、刺激の強い成分が含まれている物を避けましょう。

 

肌に優しい成分

肌に優しい成分とは具体的に以下のようなものです。

ヒアルロン酸ナトリウム
加水分解コラーゲン
セラミド 
プラセンタエキス
ダイズエキス
クワエキス
ローヤルゼリーエキス
スクワラン
海藻エキス

等です。いずれも肌に必要なうるおい成分まで落とすことなく、やさしくきちんと洗浄してくれます。
洗顔料に含まれている界面活性剤という成分が主に洗浄の要で肌への刺激を左右するものなのですが、これは天然界面活性剤か非イオン系の合成界面活性剤が使われている物が肌にとって優しいです。

肌に刺激のある成分

サリチル酸
塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液
メントール
マイクロプラスチックビーズ(スクラブ)

いずれもニキビ肌に逆にダメージとなる成分です。
ドラッグストアなどに売っている男性用洗顔料に多く含まれているはずです。
興味があれば一度確認してみて下さい。

また、市販品には洗浄力を強めるために刺激の強い石油系界面活性剤が含まれています。これが肌が突っ張る、カサカサする原因です。

ポイント③ 続けやすい事

3つ目のポイントは、続けやすい事です。

主に、金銭的な意味で続けやすいかという事です。

市販の洗顔料が肌にとって良くないことが分かって、肌に優しいタイプの洗顔料を使うようになると今まで以上の出費はどうしても覚悟しなければなりません。

いくらニキビ改善のためとはいえ、高級な洗顔料に高額な投資をし続けるのは現実的ではありません。

自分の肌に合って、なおかつ比較的安価なものに巡り合えることが一番です!

さらに、ニキビのスキンケアは洗顔と保湿をセットで考えていただきたいです。
洗顔料だけに投資しても、保湿にこだわりがないとあまり意味を成しません。

ニキビケアは桶にたとえられます。
出費は最小限でバランスよく改善していけるのが一番望ましい事だと思います。

洗顔料と、保湿をセットで続けやすい物を選ぶ。これが三つ目のポイントです。

 

男のニキビ.comが選ぶオススメ洗顔料ランキング

では、「洗顔料選びの3つのポイント」を加味したうえでのオススメランキングです!

 

1位 ZIGEN フェイスウォッシュ

はい、このサイトオススメのZIGENが1位です。

「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」を配合しているので洗顔後も突っ張らずしっとりします!それでいて不快なアブラギッシュ感はさっぱり無くなります。マンナンスクラブというコンニャクのスクラブを配合しており、柔らかくマッサージをしながら洗顔が出来ます!

化粧品総合レビューサイト@cosme(アットコスメ)さんでは掲載レビューの全てが高評価です。

有効成分

ヒアルロン酸ナトリウム
加水分解コラーゲン 
セラミド1 
セラミド3 
セラミド6 
プラセンタエキス 
金 
白金
カリ石ケン素地 
塩化Na 
マンナン 
コロイド性白金

オススメのポイント3つ

①肌に優しい、非イオン系の界面活性剤使用しているので安心
②肌に潤いを与える多数の有効成分を配合している
③保湿化粧品とセットで購入すると割引がありコスパ抜群!!

 

実際の使用感

市販のものに比べて洗顔後のスッキリサッパリ感は少なめです。その代わりぜんぜん突っ張りません。
臭いもほとんどありません。というか感じません。

洗顔ネットを使うことで、柔らかくもきめ細かいなめらかな泡が作り出せます。
マンナンスクラブというこんにゃくのスクラブを配合している事をウリにしていますが、泡立てるとほとんどわからなくなります。ちょっとコリコリするかな?ぐらいの感じです。

商品の口コミも高評価なものばかりです。よろしければ下のリンクから読んでみてください。
(@cosmeさんの口コミは引用、転載が出来ませんので)
このサイトで評価が高いという事は、私のおすすめ理由がやらせ(ステマ)ではないことの証明ともいえます。

日本最大の化粧品サイト@cosmeさんでの口コミを見る

安全面、成分、コストパフォーマンス等を全て総合するとこれが1位です。
セットで買えば安い、同じメーカーのもので揃えて使える(ライン使い)が出来るというのも◎です。
私のニキビ改善を手助けしてくれたのもZIGENだからという理由もあります。

何を使っていいのか迷っている方にも
保湿ジェルとのセットでニキビケアの第一歩としておすすめです。

 

2位 Non.A

第2位はプライマリーのNon.Aの洗顔石鹸です。

ニキビの予防に適した甘草成分という消炎剤を配合した薬用石けんです!ローヤルゼリーエキス・ヒアルロン酸やスクワランが肌にうるおいを与えます!洗顔ネットを使用すると、信じられないぐらい弾力のある泡が出来ます。その泡で優しく撫でるように洗うだけで、顔のアブラギッシュをしっかり落としてくれます。それでいて洗顔後は突っ張りません。

化粧品総合レビューサイト@cosme(アットコスメ)さんでもかなりの数のレビューが投稿されています。やはり高評価がとても多いです。

有効成分

グリチルリチン酸ジカリウム
ダイズエキス
クワエキス
ローヤルゼリーエキス
スクワラン
ヒアルロン酸ナトリウム
海藻エキス
リピジュア

オススメのポイント3つ

①肌に優しい、石鹸タイプの洗顔料!驚異の泡立ち!
②肌に潤いを与える多数の有効成分を配合している
③ZIGENと同じく肌に刺激を与えるピーリング成分未配合

実際の使用感

一番印象に残るのは、洗顔ネットを使用した際のモッチモチの大量の泡です。その泡はとても弾力がありながらもきめ細やかで、すっきり汚れを落としてくれている印象を与えてくれます。
それでいて洗い終わった後はまったく突っ張りがありません。洗顔後のすっきり感はZIGENよりこちらの方が上です。肌に優しく、すっきり汚れも落としてくれるとても良い石鹸です。

2位の理由ですが、
・石鹸タイプという点
石鹸タイプは置き場にも困りますし、泡立ちが凄いのでお風呂場以外での洗顔に使うには少し使いづらかったです。
・保湿用化粧品を別に買う必要がある点
洗顔料としてはとても良いものなのですが、別に保湿用の化粧品も購入する必要があります。同メーカーのローションとセットで購入するとしても1位のZIGENのほうがだいぶコストパフォーマンスが良いです。

洗顔料としては間違いなく良いものではあるのですが、「石鹸である使いづらさ」と「コストパフォーマンスの悪さ」の点で2位とさせていただきました。

日本最大の化粧品サイト@cosmeさんでの口コミを見る

安全面、有効成分、実際の使用感はかなり良いです!
実際にこれを使っている間はニキビが出来ませんでした。洗顔料としてはおススメです!

3位 バルクオム



3位は、バルクオムの洗顔料です。
こちらは、界面活性剤不使用という敏感肌用の洗顔石鹸となります。
少量でもしっかり泡立ち、洗い終わりはすっきりとのこと!おしゃれなパッケージも◎です!

有効成分

リンゴ果実培養細胞エキス
温泉水
グリセリルグルコシド
加水分解シルク
チャ葉エキス
ユズ果実エキス
セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

オススメのポイント3つ

①肌に優しい、界面活性剤を使用していない洗顔料
②肌に潤いを与える多数の有効成分を配合している
③ZIGEN、Non.Aと同じく肌に刺激を与えるピーリング成分未配合

実際の使用感

大変申し訳ないながら、第3位にランクインさせておきながら実際には使ったことがありません。実際ZIGENだけで私のニキビは改善できたので、わざわざ類似商品を使う必要が無かったからです。
それでもランクインさせた理由は@cosmeさんの口コミ評価の高さと、界面活性剤不使用というまさに敏感肌の方に作られた洗顔料だからです。

日本最大の化粧品サイト@cosmeさんでの口コミを見る

まとめ

ニキビに悩む方が洗顔料を選ぶうえで大切なポイントは以下の3点です。

1、必要な皮脂と角質まで落とさない事
2、肌に優しい成分を含んでいる事
3、続けやすい事

ランキングはこのように紹介させていただきましたが、本当に大切なのはあなたの肌に合うかどうかということなので 、このランキングの商品を試していただいても合わないようでしたら医療機関に相談の上どのような洗顔料を選んだらよいのか 皮膚のプロに聞いてみるのが一番だと思います。

また、洗顔と保湿はセットとして考えて下さい。
洗顔後には保湿!洗顔後には保湿です!(大切なので2回言いました)

それも考慮したうえで、きちんとした効果があって金銭的に続けやすい物を選ぶことが大切です!

あなたの肌に合った洗顔料が見つかり、あなたのニキビが改善に向かう事を心から願っています。

 

このサイトではニキビ改善の第一歩として「保湿」によるスキンケアを始める事を推奨しています。

 

ニキビとニキビ跡による悩みから解放されると、不思議と自分に自信が持てるようになります。

 

もし、あなたが

「彼女を作りたい」

「職場で上司や同僚に馬鹿にされたくない」

とお思いであれば、

まず最初に保湿化粧品と洗顔料の見直しを検討する事をオススメします。

 

なぜなら、私を含むニキビに悩む働き盛りの男性はニキビを予防するための、そしてニキビ跡を薄くしていく為の「正しいスキンケア方法」を知らないからなのです。

 

たとえば、昔の私のように多くの方がドラッグストアなどに売っている市販の男性用保湿化粧品を選び、結果的に何も変わらない日々を送り続けていませんか?

 

市販品でいつまでもニキビが改善できないのは、十分な保湿成分を含んでいない事が原因です。

 

市販の男性用保湿化粧品には保湿の要ともいえる

「セラミド」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を全て含んだものがありません。

さらに、本来であれば不必要な肌に余計な負担を与える「保存料」が含まれています。

保湿力が不十分なうえ、ニキビの原因になりかねない成分も含まれているのです。

新しいニキビができるということは、新しいニキビ跡ができるという事です。そのニキビ跡も自力で薄くするには相応の時間がかかります。

 

一方で、通販の保湿化粧品は若干高価ではありますが、上記のような高級で効果のある保湿成分を配合しています。

市販品の男性用化粧品は、ベターっと伸びるだけですが、スッと肌に吸収されるのがお分かりいただけると思います。

きちんとした保湿さえできれば、新しいニキビはかなり出来づらくなります。

私がニキビの悩みを克服したきっかけも通販の保湿化粧品です。

 

十分な保湿効果のある化粧品を使い続けた結果として、ニキビは次第にできなくなり、それまであったニキビ跡も数か月単位の時間はかかりましたが、かなり目立たなくなりました。

遠目で見たらわからないほどです。

 

ただ、そんな通販の保湿化粧品にも、今のニキビの状態や肌質によって選び方が変わってきます。

 

例えば「出来るだけ安くニキビ予防とニキビ跡を薄くしたい」という方と、「老け顔も一緒にケアしていきたい」という方では選ぶ化粧品を変える事をおすすめします。

また、「どんなものを使っても肌に合わずニキビができ続けてしまう方」もいるかと思います。

 

下のリンクでは、あなたが「安物買いの銭失い」にならないよう、私自身が実際にニキビを改善させた時に使った保湿化粧品を紹介しています。

 

是非、あなたのニキビケアの保湿化粧品選びの参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です