【大人の男ニキビ】乾燥肌でニキビの悩みがある時に見直すべきポイント3つ

・いつも、肌がガサガサしている。
・白い粉が肌から出てくる。
・ベタベタの皮脂は出ていないはずなのに、なぜかどんどんニキビが出来てしまう・・・

あなたもそんなことでお困りではないでしょうか?
決してアブラギッシュではないのにどんどんニキビができたり……

私もそんな悩みを持っていました。洗顔後はガサガサで粉を吹いてくるような感じになったりして・・・翌日にニキビが出来ているなんてこともあったりしました。

乾燥肌は、実はオイリーな脂性肌以上にニキビになりやすいんです。

そんな乾燥肌でニキビに悩んでいるあなたにまず、確認いただきたいポイントが3つあります。

  1. きちんと洗顔後の保湿をしているか?
  2. 洗顔料は市販の物を使っていないか?
  3. 洗顔方法は間違っていないか?

この3点を確認していただき、どれか1つでも該当していた場合は、それこそが「乾燥肌なのにニキビになる原因」なのです。

そして、その3点を改善していただければ、乾燥肌も改善しますし、合わせてニキビはできづらくなります。

その改善方法こそが、あたらしいニキビを作らないため行動だからです。

 

乾燥肌の方に確認いただきたい3つのポイント

乾燥肌でもニキビが出来てしまう!とお悩みのあなたに確認いただきたいのは以下の3つです

  1. きちんと洗顔後の保湿をしているか?
  2. 洗顔料は市販の物を使っていないか?
  3. 洗顔方法は間違っていないか?

以上です。1つづつ見ていきましょう。

 

乾燥肌には洗顔後の保湿が肝心!

実は「保湿」が乾燥肌のニキビにとって一番大切な項目です。
あなたはきちんと洗顔後に保湿していますか?

「大人の男が化粧品なんて馬鹿らしい!!」

そんな理由でニキビに悩む乾燥肌の方が保湿を怠ると、洗顔後からすぐにカサカサの乾燥が始まります。

突っ張って、カサカサして、白い粉が出てくる・・・
実はこれがニキビの原因なんです。

そういう人ほど、保湿を怠っている可能性が高いです。

ニキビに悩んでいるのであれば洗顔後の保湿はしっかり行いましょう!

 

洗顔料に市販の洗顔料は刺激が強い

市販で売っている男性用洗顔料は、肌にとって「刺激の強いタイプの合成界面活性剤」が含まれています。

ちなみに、界面活性剤とは油と水を合わせるための成分です。合成界面活性剤はこの世に元々存在せず、人が作り出した化学物質の為にそもそも肌にとっては良くない物です。そしてほとんどの洗顔料にこれは含まれています。

ですが、そんな合成界面活性剤にも刺激の強いタイプと弱いタイプがあります。

市販で売られているものの多くが、刺激の強いタイプの成分が、高価なものであるほど弱いタイプが配合されていることが多いです。

刺激の強いタイプの界面活性剤での洗顔を続けていると、本来皮膚に必要なうるおい成分を奪ってしまいます。

もし保湿しても駄目であれば、洗顔料の見直しをしてみましょう。

ちなみに、一番良いのは天然界面活性剤で作られた石鹸タイプの洗顔料です。これも体に使う石鹸と同じだと洗顔力が強すぎるため洗顔用の物を選んだ方が良いです。

 

洗顔方法を今一度見直してみましょう

汚れが落ちていないのではないかとゴシゴシガシガシ洗い、適当にすすいで終わったらタオルでゴシゴシ!そんな事をしていませんか?

実は、これは本当に肌によくない洗顔方法です。そして男性の多くが知らずにこの方法で洗顔しています

正しくは、
・きちんと洗顔料を泡立てて
・泡で洗っていくイメージ
・すすぎ残しが無いように丹念にすすぐ
・タオルは優しくポンポン当てるように水けをとる
・終わった後はすぐに保湿をする

この正しい洗顔方法が出来ていないと、乾燥肌はよくなりません。余計に肌にダメージが入ります。

これはお金がかかりませんのでまず、洗顔方法を見直してみましょう。

記事の一番下に詳しい洗顔方法のリンクを載せてあります。

 

乾燥肌のニキビの原因は2つ

そもそも、なぜ乾燥肌になってしまうのか?そしてなぜニキビが出来てしまうのかを知らないと、なぜ上の3つを見直すべきなのかが分からないと思います。

まずは、乾燥肌の原因となぜニキビになってしまうのかその原因を見ていきましょう。

保湿をしていない

乾燥肌の大人の男ニキビに悩む方の多くが保湿をしていません。

保湿をしないと、肌の表面が乾燥し、肌の表面にある角質と呼ばれる細胞が硬くなります。すると硬くなった角質が毛穴を塞ぎ、そのふさがった穴に分泌された皮脂が溜まりアクネ菌が繁殖してニキビの原因となってしまうのです。

保湿をしていれば、角質が潤い柔らかくなりますので、皮脂が分泌しても自然に外に排出されるようになります。

また、その逆のパターンもあります。保湿をしないことで、体内の水分が奪われていくのを防ぐために、皮脂が過剰に分泌されテカテカの肌になってしまうのです。

乾燥肌なのにたまにテカテカになってしまう方はこれが原因となります。皮脂の過剰分泌も合わせてニキビの原因となりますので洗顔後の保湿は必ず行いましょう。

乾燥肌でもニキビになってしまう原因はこれです。

 

皮脂の分泌が少ない

また、もともと皮脂の分泌が少ない方もいらっしゃいます。例えば肌が粉を吹いてしまうような方です。皮脂の分泌が少ない体質の方はそもそも肌の角質にあるバリア機能が弱い為に毛穴が詰まりやすく、ニキビができやすいです。

これが、乾燥肌でニキビが出来てしまう原因です。

 

乾燥肌対策注目の3つの成分

いままで「保湿が大切だ!」と何度も書いてきましたが、ただ保湿をすればいいという物ではありません。

ドラッグストアやコンビニ等で売っている化粧品も効果がないわけではないですが、もし乾燥肌のニキビに悩んでどうにかしたい!とお思いであれば、以下の3つの成分が配合されている物を選ぶことをオススメします。

・セラミド

・ヒアルロン酸

・コラーゲン

これらの成分は直接、ニキビを治すことは出来ませんがしっかりと保湿をしてくれます。それがニキビを新しく作らない事に繋がってくるのです。

これらが配合されていない市販のものに比べてニキビが出来づらくなることは事実です。
(ニキビを治せるのは医療機関か薬のみです、どんな化粧品でも治療は出来ません)

セラミド

セラミドは、肌の潤いに欠かせない成分です。
成分自体が高価な為、ドラッグストアやコンビニなどに売っている安価な化粧品にはこのセラミドが含まれていません。セラミド配合の化粧品であれば、朝の洗顔後に使用して夕方までもっちりした肌を保てます。

セラミドとは
セラミドは肌の角質層で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいるような存在( 細胞間脂質)です。
肌や髪のうるおいに欠かせない働きをします。肌の角質層は角質細胞が何層にも重なってできており、その一つ一つを接着しているような状況です。
セラミドは細胞間脂質の主成分にあたり約半分の50%を占めています。もともと体内にある成分で、肌にうるおいを与えます。

美肌成分の説明一覧より引用

 

セラミドと保湿と乾燥肌
天然のセラミドは優れた保湿効果を示し、ヒアルロン酸と同じように肌にうるおいの効果をもたらします。
肌はもともと生体を維持するためにバリア機能を持っています。このバリア機能を助けるのがセラミドです。
セラミドが肌にあることで水分をたっぷりと含んだみずみずしい肌が保たれるのです。
肌は常に変化する外部と接しているため、セラミドなどの細胞間脂質が減少すると肌のバリア機能が低下することになり、肌内部からの水分維持ができにくくなり、乾燥して水分が蒸散しうるおいのないカサカサ肌になってしまいます。

美肌成分の説明一覧より引用

一度使えばわかると思います。私はセラミド配合保湿化粧品のおかげで夕方までギト付かずモチモチしています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸も、セラミドと同じく肌の潤いに欠かせない成分です。
元々人間の中にある成分で、体内に水分をとどめておく役割を果たしてくれます。

ヒアルロン酸は私たちの体の中の細胞と細胞との間に多く存在し、それぞれの細胞を繋ぎとめたり、クッションのような役割で細胞を守ったりしています。
コラーゲン同様、肌の構造物のひとつですが、その役割はまったく異なります。
お肌を建造物に例えると、コラーゲンは建物を支える柱や梁といった骨組みのようなものですが、ヒアルロン酸はそこに流し込むセメントのような補充剤に当たります。

※聖心美容クリニックさんより引用

ヒアルロン酸も、含まれている化粧品とそうでない物があります。
注意してみましょうちなみに私のお勧めする保湿化粧品にはもちろん含まれていますよ。

コラーゲン

コラーゲンとはアミノ酸で構成された成分です。アミノ酸が多く配合されたものを選ぶと良いでしょう。
コラーゲンが不足するとたるみやしわなどが増えます。

コラーゲンについては以下の資生堂さんのサイトで詳しく説明されています。
https://www.shiseido.co.jp/collagenlabo/know/about/

 

乾燥肌の具体的な対処法3つ

乾燥肌でニキビに悩む方は以下の方法を是非、試してみて下さい!

すぐには改善しなくても、きっと2か月後には実感が持てるはずです。

肌のターンオーバー(生まれ変わり)の周期が20代後半から30代だと約45日だからです。
試しに根気強く続けてみて下さい!

①効果のある成分を配合しているもので保湿

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンを配合している化粧品で保湿してみて下さい。
ガサガサの肌が解消され、次第にニキビも出来づらくなるはずです。

私も、これで乾燥肌が改善しました。

保湿を今までしたことがない!なんていうかたは特に保湿の有効成分を配合しているものを使うとかなり驚かれるはずです。

また市販の化粧品を使っている方でも、ただ伸びてベトベトするだけでない使用感と朝から夕方まで続くもっちり感と夜であれば朝までのしっとり感の効果に驚くと思いますよ。

 

②刺激の強い合成界面活性剤を使っていない物で洗顔

こちらも市販の物は基本にお勧めしません。私が色々なものを使ってきて全く効果が無かったからです。

優しい成分を含んだもので洗顔をしましょう!

 

③優しく、泡立てて! 正しい洗顔方

・きちんと洗顔料を泡立てて
・泡で洗っていくイメージ
・すすぎ残しが無いように丹念にすすぐ
・タオルは優しくポンポン当てるように水けをとる
・終わった後はすぐに保湿をする

最初に確認して頂きたい3つのポイントで紹介させていただいた正しい洗顔方法のリンクはコチラです

https://otokono-nikibi.com/nikibikea/senganhouhou/

 

まとめ

乾燥肌なのになぜニキビが出来るのか?乾燥肌を改善するにはどうしたらいいのかが分かっていただけたと思います。

大切なのは1に保湿 2に保湿 3も保湿 というぐらい保湿が大切です。

保湿してないようであればすぐに始めましょう。

私の経験談から言わせていただくと、乾燥肌やニキビの悩みに対してもっともケチらないほうがよいのが保湿できるスキンケア用品だと言えます。

というか、友人にこれを紹介してもらう前のニキビに悩んでいた当時の私に伝えたいことです。

あなたの乾燥肌によるニキビの悩みが解決する事を心から願っています。

スポンサードリンク

 

このサイトではニキビ改善の第一歩として「保湿」によるスキンケアを始める事を推奨しています。

 

ニキビとニキビ跡による悩みから解放されると、不思議と自分に自信が持てるようになります。

 

もし、あなたが

「彼女を作りたい」

「職場で上司や同僚に馬鹿にされたくない」

とお思いであれば、

まず最初に保湿化粧品と洗顔料の見直しを検討する事をオススメします。

 

なぜなら、私を含むニキビに悩む働き盛りの男性はニキビを予防するための、そしてニキビ跡を薄くしていく為の「正しいスキンケア方法」を知らないからなのです。

 

たとえば、昔の私のように多くの方がドラッグストアなどに売っている市販の男性用保湿化粧品を選び、結果的に何も変わらない日々を送り続けていませんか?

 

市販品でいつまでもニキビが改善できないのは、十分な保湿成分を含んでいない事が原因です。

 

市販の男性用保湿化粧品には保湿の要ともいえる

「セラミド」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を全て含んだものがありません。

さらに、本来であれば不必要な肌に余計な負担を与える「保存料」が含まれています。

保湿力が不十分なうえ、ニキビの原因になりかねない成分も含まれているのです。

新しいニキビができるということは、新しいニキビ跡ができるという事です。そのニキビ跡も自力で薄くするには相応の時間がかかります。

 

一方で、通販の保湿化粧品は若干高価ではありますが、上記のような高級で効果のある保湿成分を配合しています。

市販品の男性用化粧品は、ベターっと伸びるだけですが、スッと肌に吸収されるのがお分かりいただけると思います。

きちんとした保湿さえできれば、新しいニキビはかなり出来づらくなります。

私がニキビの悩みを克服したきっかけも通販の保湿化粧品です。

 

十分な保湿効果のある化粧品を使い続けた結果として、ニキビは次第にできなくなり、それまであったニキビ跡も数か月単位の時間はかかりましたが、かなり目立たなくなりました。

遠目で見たらわからないほどです。

 

ただ、そんな通販の保湿化粧品にも、今のニキビの状態や肌質によって選び方が変わってきます。

 

例えば「出来るだけ安くニキビ予防とニキビ跡を薄くしたい」という方と、「老け顔も一緒にケアしていきたい」という方では選ぶ化粧品を変える事をおすすめします。

また、「どんなものを使っても肌に合わずニキビができ続けてしまう方」もいるかと思います。

 

下のリンクでは、あなたが「安物買いの銭失い」にならないよう、私自身が実際にニキビを改善させた時に使った保湿化粧品を紹介しています。

 

是非、あなたのニキビケアの保湿化粧品選びの参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です