ニキビ跡を消すのに、無理にターンオーバーを加速させてはいけません

「1日でも早くニキビ跡を消したい!」

「ターンオーバーが加速すればその分早く消えるんでしょ?」

 

ニキビ跡を消すためのポイントは肌の生まれ変わりの機能であるターンオーバーがカギとなっています。

そんな肌の生まれ変わりを速めれば、少しでも早くニキビ跡が消えると思っている方が多いかと思います。

 

しかしながら、ターンオーバーを加速させるのは逆に肌荒れと新しいニキビを作り出す原因になりかねません。

「えっ!?肌が生まれ変わっているのだからスベスベになっていくんじゃないの?」と疑問に思われる方も多いかもしれませんね。

実は良かれと思って手を入れれば入れるほど、肌は荒れていくのです。

このサイトでニキビ改善のカギとして推奨しているのはターンオーバーの加速ではなく正常化です。

 

今回は、ニキビ跡を早く消したいがために色々やってしまうあなたの為に、ターンオーバーを加速させることによる危険性を説明させていただきます。

特に、スキンケアに力を入れている方にほど読んでいただきたいです。

この記事の情報ソースはNHKで放送された「ためしてガッテン」で放送された
「カサカサがプルプルに!素肌力劇的アップ秘技」東北大学 菊地克子先生がもとになっています。

 

ターンオーバーの加速が危険な理由

ターンオーバーの加速が危険な理由は肌の表面の細胞の状態が未熟になる事にあります。

肌は、20代後半から30代にかけてだとターンオーバーが正常化している人であれば約45日周期で生まれ変わっています。

その生まれ変わりの周期が早まると、若い未熟な細胞がどんどん表面に出てしまう為に「弱い」状態になってしまうのです。

この項目ではターンオーバーの加速の危険性について解説していきます。

 

保湿のし過ぎほど、肌はどんどん乾燥していく

あなたは洗顔後にどんなふうにスキンケアしているでしょうか?

もし、本格的にニキビケアを始めたようであれば色々な化粧品を試しているかもしれませんね。

化粧水で保湿して、美容液で潤わせて、パックで更に保湿して、美顔器で肌に蒸気を当てて、乳液で潤いを閉じ込めて、クリームでバリアする

一見、肌に良さそうに見えますよね。いかにも美肌になりそうな印象を受けます。

 

しかしながら、これらの行動はほとんどが「逆に肌を乾燥させる原因」になっているのです。

「えっ!?こんなにお金と時間をかけているのにどういうこと??」と思われる事でしょう。

しかし、ここまでやると「保湿」のし過ぎになるのです。

 

たとえば、水にぬれた新聞紙や雑誌を想像してみて下さい。そうですね、「道端に捨てられている雑誌」がわかりやすいでしょうか。

雨に振られると、どんどん、ぐんぐん水を吸っていきますよね。

その後、その水気が乾いたらどうなるでしょう?シワッシワのパリッパリになりませんか?

保湿のし過ぎは、これと同じ状態を自分で作り出しているのと変わらないのです。

 

保湿のし過ぎほど、乾燥していきます。

 

ターンオーバー過多の細胞の弱点

ターンオーバーを加速させている、スキンケアを必要以上に行っている人の肌の表面の細胞は若く未熟で生きています。

本来の肌の表面の細胞は実は「死んでいる」状態が正しいんですよ。

肌の細胞の表面にある「角層」の一番外側。これが肌の表面になります。

肌の細胞は死ぬときに重要な保湿成分である「セラミド」を分泌します。そして細胞としての役割を終えて角質になります。

このセラミドを分泌した死んだ細胞である角質があるおかげで、肌は潤っているはずなのです。

しかしながら、ターンオーバーの加速によって肌の細胞が死ぬことなくどんどん生産され表面に出てくると、死んでセラミドを分泌する前に角質になり、そして剥がれていきます。

また、表面の細胞が死なない為、セラミドなどの保湿成分が分泌されない結果、肌の表面に潤いを保つバリアが無い分、いくら保湿してもどんどん乾燥していきます。

セラミドなどの潤い成分が分泌されていない肌の表面はとても弱く、外的刺激によって新たな肌トラブルが起こりやすくなります。

新しくニキビができ続けたら、ニキビ跡を消すどころではないですよね。

 

ターンオーバー過多の角質の細胞は未熟で弱いのです。

 

やればやるほど肌は荒れていく

時間とお金をかけたスキンケアをやればやるほど肌は荒れていきます。

それは最初に説明させていただいた保湿のし過ぎと、それを行うにあたって肌に化粧品を塗り込む摩擦による刺激も該当します。

出来るだけ肌には触らないほうがよいのです。

とはいえ、何もしないとどんどん乾燥していきますよね。最低限のケアは必要不可欠です。

大切なのは、必要以上に肌を刺激しない事。何事もそうですが、やりすぎはよくありません。

肌は、手を入れれば入れるほど荒れていきます。

 

やるべきスキンケア

ニキビ体質の方には必要最低限のスキンケアは必要だというのが私の考えです。

ここまで読んでいただいたのであれば、「もしかして、化粧品どころか何もしないほうが肌に良いのでは?」なんて思った方もいらっしゃるかもしれません。肌が本来健康であれば、その通りだと思います。

しかしながら、私を始めニキビ体質の方は何もしないと凄いニキビに悩むことになります。

なぜなら、私自身が何もしない「肌断食」にチャレンジして見事にブッツブツ状態になってしまったからです。

肌断食については別記事にまとめさせていただきましたので、興味がありましたら是非お読みいただければと思います。

私が考える必要最低限のスキンケアは以下の2つだけです。

①泡を使った優しい洗顔

②出来るだけ肌に刺激を与えない、きちんとした保湿

1つずつ見ていきましょう。

 

①泡を使った優しい洗顔

1つ目が泡を使った優しい洗顔です。

石鹸ベースの洗顔料をしっかり洗顔ネットでたっぷりと泡立てた後に、肌を擦らないように「とにかく優しく、泡でなで洗う」感覚であらいましょう。

最初は「本当に汚れが落ちているのかよ……」なんて不安になるかもしれませんが、大丈夫です。

泡での洗顔は、汚れはしっかり落としながらも必要なうるおいを逃がさない理想的な洗顔方法なのです。

洗顔については、別記事にまとめさせていただきましたので合わせてお読みいただけると嬉しいです。

正しい洗顔方法を知るだけであなたのニキビは改善できます!

②出来るだけ刺激を与えない、きちんとした保湿

2つ目はできるだけ肌に刺激を与えない、きちんとした保湿です。

本来であれば、化粧水、美容液、乳液、クリームと段階を経て保湿していくのがメジャーですが、これはやりすぎなパターンです。

塗る回数分肌を擦ることにもなるため刺激がありすぎます。出来れば1回で済むのが理想ですね。

 

きちんとした保湿、とは「ちゃんとした有効成分を含んだ化粧品」での保湿の事です。

たとえば、「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「プラセンタ」を全て含んでいる物が望ましいですね。

せっかく肌を刺激してまで保湿するのに、保湿の成分が中途半端だと1日潤いをたもてませんよ。特に市販の男性用保湿化粧品は保湿成分が圧倒的に足りていないと思います。

なぜそんな事が言えるのかというと、私自身がドラッグストアの男性用化粧品のほとんどを試した結果どれを使ってもニキビができ続けた経験があるからです。

 

目指すはターンオーバーの正常化

ターンオーバーを加速させて、ニキビ跡を1日でも早く消したい!という気持ちは私にも痛いほどよくわかります。

しかしながら、ニキビ跡を消すのは時間をかけて、ゆっくりじっくり行ってほしいのです。

目指すのはターンオーバーの加速ではなく、ターンオーバーの正常化にして下さい。

ゆっくりじっくりいくのでそれこそ何ヶ月単位の時間がかかるかもしれません。

しかしながら、新しいニキビやシミ、シワ、くすみなど余計な肌トラブルが起きる可能性は限りなく低くなります。

ターンオーバーの正常化を目指しましょう。

 

ピーリングのやりすぎはNG!

肌の古い角質を弱いフルーツ酸などで剥がす「ピーリング」ですが、これもやりすぎはいけません。

単純に肌を擦り刺激を与えるだけでなく、表面の角質まではがしとってしまうのですから。

私は決まった曜日に週一回、髭剃りをお休みした日に行うようにしています。

 

ピーリングの目的は、ターンオーバーの妨げになっている固くなった古い細胞をはがしてターンオーバーを正常化する事です。

ターンオーバーを加速させるために使うと、どんどん肌を荒らす事になります。

私も実はニキビ跡を早く消すために毎日ピーリングしていたことがあるのですが、ニキビは悪化するわ肌はガッサガサになるわで何もいい事はありませんでした。

「パッケージにはツルツルのたまご肌に!なんて書いてあるのに、嘘じゃねぇか!」なんて思ってた時期もありました。

 

先ほども説明させていただいた通り、肌の表面の細胞は「死んでいる」のが健康な肌の環境です。

必要以上にピーリングは行わないほうがよいです。

 

化粧品はオールインワンぐらいがちょうどいい

保湿の為の化粧品は、オールインワンで1回でパパっと済ますぐらいが丁度良いです。

なぜなら、肌に触れる回数が単純に減るにもかかわらず化粧水、美容液、乳液、クリーム全ての役割を果たしてくれるからです。

 

たまに、「オールインワンでは特化するものが無い分、十分な保湿にならない」なんて方もいらっしゃいます。

これに対しては、別に否定も肯定もしません。その人独自の考えがあると思いますからね。

一度、市販品ではなく通販の少し高めのオールインワンを使ってみてもらえれば分かると思いますが、朝付けて夕方までサラサラのモチモチでいられることに驚くはずです。

私は、必要以上に肌を擦らないよう、保湿有効成分をちゃんと含んだオールインワンを塗るだけというスキンケアがちょうどいいと考えています。

実際に私のニキビの悩みも改善しましたからね。

男の大人ニキビのスキンケアに「オールインワン」をオススメする理由

 

まとめ

今回は、ターンオーバーの加速の危険性について説明させていただきました。

1日でも早くニキビ跡を消したい気持ちは痛いほどよくわかりますが、ここは急がば回れの気持ちで焦らずじっくり薄くしていくことをオススメします。

なぜなら、ターンオーバーの加速は逆に肌を荒らし、新しいニキビの原因にもなりかねないからです。それどころかシミやシワの原因になってしまう事もあるのです。

スキンケア方法としては朝と晩の2回の泡での優しい洗顔後にオールインワンをさっと塗って終わりぐらいが丁度よいです。 必要以上に肌に刺激を与えなくて済むからですね。

色々な化粧品を併用しているようであれば、一度オールインワンに変えていただき1ヶ月過ごしてみて下さい。

だいぶ肌のコンディションが回復してくるのを実感いただけるはずです。

あなたのニキビ跡の悩みが1日でも早く解決することを願っています。

スポンサードリンク

 

このサイトではニキビ改善の第一歩として「保湿」によるスキンケアを始める事を推奨しています。

 

ニキビとニキビ跡による悩みから解放されると、不思議と自分に自信が持てるようになります。

 

もし、あなたが

「彼女を作りたい」

「職場で上司や同僚に馬鹿にされたくない」

とお思いであれば、

まず最初に保湿化粧品と洗顔料の見直しを検討する事をオススメします。

 

なぜなら、私を含むニキビに悩む働き盛りの男性はニキビを予防するための、そしてニキビ跡を薄くしていく為の「正しいスキンケア方法」を知らないからなのです。

 

たとえば、昔の私のように多くの方がドラッグストアなどに売っている市販の男性用保湿化粧品を選び、結果的に何も変わらない日々を送り続けていませんか?

 

市販品でいつまでもニキビが改善できないのは、十分な保湿成分を含んでいない事が原因です。

 

市販の男性用保湿化粧品には保湿の要ともいえる

「セラミド」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を全て含んだものがありません。

さらに、本来であれば不必要な肌に余計な負担を与える「保存料」が含まれています。

保湿力が不十分なうえ、ニキビの原因になりかねない成分も含まれているのです。

新しいニキビができるということは、新しいニキビ跡ができるという事です。そのニキビ跡も自力で薄くするには相応の時間がかかります。

 

一方で、通販の保湿化粧品は若干高価ではありますが、上記のような高級で効果のある保湿成分を配合しています。

市販品の男性用化粧品は、ベターっと伸びるだけですが、スッと肌に吸収されるのがお分かりいただけると思います。

きちんとした保湿さえできれば、新しいニキビはかなり出来づらくなります。

私がニキビの悩みを克服したきっかけも通販の保湿化粧品です。

 

十分な保湿効果のある化粧品を使い続けた結果として、ニキビは次第にできなくなり、それまであったニキビ跡も数か月単位の時間はかかりましたが、かなり目立たなくなりました。

遠目で見たらわからないほどです。

 

ただ、そんな通販の保湿化粧品にも、今のニキビの状態や肌質によって選び方が変わってきます。

 

例えば「出来るだけ安くニキビ予防とニキビ跡を薄くしたい」という方と、「老け顔も一緒にケアしていきたい」という方では選ぶ化粧品を変える事をおすすめします。

また、「どんなものを使っても肌に合わずニキビができ続けてしまう方」もいるかと思います。

 

下のリンクでは、あなたが「安物買いの銭失い」にならないよう、私自身が実際にニキビを改善させた時に使った保湿化粧品を紹介しています。

 

是非、あなたのニキビケアの保湿化粧品選びの参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です