【大人の男ニキビ】ニキビ跡の赤みを消す食べ物を紹介します

「ニキビ跡の赤みを消したい!」
「効果的に摂取するにはどうしたらいいんだろう」
そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

私がニキビ跡に悩んでいた時も、同じような悩みを持っていました。

ネット上で検索すれば、ニキビ跡に効果のある食材や栄養素はわかりますよね。

「分かってはいても独身の一人暮らしだとなかなか摂取が出来ないんだよな……」 なんて思ってました。

 

そんな中、友人のアドバイスのもと取り入れたのが、サプリメントの摂取と、ニキビを作らないために避けるべき食べ物を極力避ける事の2点です。

この2点を守ることで、ニキビ跡の赤みを徐々に薄くしていくことができます。

なぜなら、サプリメントの摂取でニキビ跡の改善である肌の生まれ変わり、いわゆるターンオーバーの正常化を図ることが出来るからです。

さらに、新しくニキビを作らないことで新しいニキビ跡ができなくなるからです。

ニキビ跡に効果のある栄養素と、ニキビができやすい食材を理解して食生活を改善する事で、ニキビ跡の赤みを少しづつ薄くしていきましょう。

この記事では、ニキビ跡の赤みに効果のある食材と、逆にニキビを作りやすい食材を解説していきます。

 

ニキビ跡に良いとされている食べ物

 

ニキビ跡に良いとされている食べ物には、それぞれビタミンA,B群、C、E、アミノ酸、亜鉛などの栄養素が含まれています。

ここではそれぞれの栄養素別に効果的に摂取できる食べ物を紹介します。

 

ビタミンA(レチノール)

ビタミンAはレチノールとも言われ、皮膚の働きを正常にする効果があります。

多く含む食材は以下の通りです。

・鶏レバー
・豚レバー
・うなぎ
・レバーペースト
・ホタルイカ
・牛レバー
・ぎんだら
・あなご
・しそ
・ニンジン
・鶏ハツ
・モロヘイヤ
・すじこ
・パセリ
・味付けのり
・焼きのり
・青のり

これらが、ビタミンAを多く含む食材です。

基本的に、自炊をしていないと摂取するのが難しいものばかりですね。
外食するようであれば、意識して食べる事ができるかもしません。

たとえば、居酒屋で 鶏レバー、鶏ハツの焼き鳥を食べてみるとかですね。
食べすぎは良くないですが、ビタミンAは摂取できますよ。

 

ビタミンB群

ビタミンB群は、皮膚の働きを正常化してくれる効果があります。
ビタミンB群が多く含まれる食材は以下の通りです。

・豚レバー
・納豆
・卵
・かつお
・マグロ
・ニンニク
・バナナ
・ほうれんそう
・枝豆
・ナッツ類

これらがビタミンB群を多く含む食材です。
バナナや、納豆などは一人暮らしの独身でも比較的摂取しやすいのでオススメです。

居酒屋メニューでは枝豆やレバー系のおつまみがいいですね。自宅での晩酌ではナッツ系がオススメです。

 

ビタミンC

ビタミンCは肌の再生に必要な栄養素となります。

ターンオーバーの促進に必要不可欠な栄養素となります。

ビタミンCを多く含む食材です。

・赤ピーマン
・黄ピーマン
・ゆずの皮
・アセロラジュース
・パセリ
・芽キャベツ
・レモン
・ケール
・ピーマン
・ゴーヤ
・キウイフルーツ
・モロヘイヤ
・いちご

ビタミンCは摂取してもすぐに体の外に排出されてしまう栄養素なので、1回で大量に摂取してもあまり意味がありません。

3食それぞれで摂取できると良いです。

 

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用により肌のハリやつやを守ってくれます。

ビタミンEを多く含む食材です。

・すじこ
・いくら
・あゆ
・いわし
・たらこ
・めんたいこ
・モロヘイヤ
・うなぎ
・大根の葉っぱ
・鯛
・ハマチ
・赤ピーマン

ビタミンEは魚介類に多く含まれています。

一人暮らしだとなかなか摂取するのが難しいですね。
外食する際に、肉より魚を選ぶようにすると意識的に摂取できますよ。

 

アミノ酸

アミノ酸はシワ、タルミを改善させる効果があります。

アミノ酸を多く含む食材です。

・豚肉
・牛乳
・大豆
・キャベツ
・まぐろ
・かつお
・あじ
・サンマ
・鶏むね肉
・鶏もも肉
・牛肉
・卵
・納豆

独身であれば、牛乳、納豆あたりが摂取しやすいでしょうか。

なかなか自炊もできないと思いますが、冷蔵庫の中に入れておいて朝などに摂取できるようにしておくと良いでしょう。

 

亜鉛

亜鉛は皮膚や粘膜の状態を良好に保つのに役立ちます。

亜鉛が多く含まれている食材です。

・牡蠣
・ホヤ
・牛肉
・カニ缶
・卵

亜鉛も、通常の食生活の中で積極的に摂取するのが難しい栄養素の1つです。

 

 

摂取できない場合はサプリメントがオススメ

これら様々な食材を紹介してきましたが、独身で一人暮らしをしているとなかなか狙って摂取するのは難しいと思います。

そんな時はサプリメントでの摂取がオススメです。

なぜなら、夕食後に1粒飲むだけで済むからです。
一見すると、これだけでは不十分なように感じるかと思いますが、今現状はそもそもすべてが足りていない状態なのです。

そこにプラスで栄養素が摂取することができるのは非常に大きいです。

たとえば、毎日外食をしていないでしょうか?またはコンビニやスーパーのお弁当やお惣菜で済ましてはいないでしょうか?
それだと、明らかにこれまで紹介してきた栄養素は不足しています。 なぜなら私がその状態だったからです。

不足分の栄養素がすべて補えないとしても、サプリメントの摂取はオススメできます。
“用法容量を守れば、過剰摂取は起こりませんので心配はいりませんよ。

飲み始めて数週間で、肌の調子が良くなってくる実感があると思います。

私は、当時ブラック企業に勤めていたというのもあって、毎日、毎食のようにお惣菜かお弁当、外食をしていました。

しかも若かったということもあって脂っぽい物や味の濃い物が中心でした。

肌は荒れまくりニキビはできまくって、それは次々と醜いニキビ跡になってしまっていました。

友人のアドバイスから飲み始めたビタミンのサプリメントのおかげでビタミン摂取の重要性に気づくことができたのです。

これらの食材を使った料理がつくれない、摂取できないかたはビタミンのサプリメントをおすすめします。

私のオススメのサプリメントはネイチャーメイドのマルチビタミン&ミネラルという商品です。

次に、ニキビを作らない為に避けたほうがよい食べ物を紹介します。

 

ニキビを作らない為に避けたほうがよい食べ物

ニキビを作らない為に避けたほうがよい食べ物は基本的に「脂質」「糖質」が多いです。

「脂っこい料理」「味が濃い料理」「甘いもの」「炭水化物の過剰摂取」です。
以下のような物があげられます。

・ラーメン
・ピザ
・パスタ
・ハム、ソーセージ等の加工肉
・スナック菓子
・シュークリームやケーキなどのスイーツ
・カップラーメン
・コンビニ弁当
・揚げ物のお惣菜
・ハンバーガー等のファストフード全般
・フライドポテト
・激辛料理など辛い物
・中華料理の油っぽい物
・チョコレート
・おせんべい

一見、太りそうなものはそのまま避けたほうがよい食べ物に該当すると思ってもらって問題ありません。
「脂質」と「糖質」の過剰摂取があたらしいニキビを作る原因となるからです。

そもそも新しいニキビができなければ、ニキビ跡もできませんよね。
これらの食べ物を極力避けたほうが良い理由は、新しいニキビができる原因を絶つことができるからです。

美味しいのはわかりますし、食べたくなる気持ちもわかります。
ですが、ここは「ニキビの原因」だと思って、今日から意識して避けてみて下さい。

早ければ一週間ほどで「あれ?最近、ニキビできてないかも?」と実感できます。
(私がそうでした)

 

まとめ

ニキビ跡の赤みを消すには、ビタミンA、B群、C、E、アミノ酸、亜鉛 などの栄養素を摂取する事がポイントです。

紹介させていただいた食材を、日々の食事の中にうまく取り入れられると一番良いです。
しかしながら、当時の私のように独身の一人暮らしだとなかなか狙って摂取ができないですよね。

そんな時は、サプリメントで補う事をオススメします。

ニキビ跡の赤みを消すポイントは、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを正常化させることと新しいニキビを作らない事です。
そもそも、ニキビができなければニキビ跡になる事もありませんよね。
新しくニキビを作らない為にも、ニキビができやすい食べ物は出来るだけ避けるようにしましょう。

あなたのニキビの悩みが1日でも早く解決することを心から願っています

スポンサードリンク

 

このサイトではニキビ改善の第一歩として「保湿」によるスキンケアを始める事を推奨しています。

 

ニキビとニキビ跡による悩みから解放されると、不思議と自分に自信が持てるようになります。

 

もし、あなたが

「彼女を作りたい」

「職場で上司や同僚に馬鹿にされたくない」

とお思いであれば、

まず最初に保湿化粧品と洗顔料の見直しを検討する事をオススメします。

 

なぜなら、私を含むニキビに悩む働き盛りの男性はニキビを予防するための、そしてニキビ跡を薄くしていく為の「正しいスキンケア方法」を知らないからなのです。

 

たとえば、昔の私のように多くの方がドラッグストアなどに売っている市販の男性用保湿化粧品を選び、結果的に何も変わらない日々を送り続けていませんか?

 

市販品でいつまでもニキビが改善できないのは、十分な保湿成分を含んでいない事が原因です。

 

市販の男性用保湿化粧品には保湿の要ともいえる

「セラミド」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を全て含んだものがありません。

さらに、本来であれば不必要な肌に余計な負担を与える「保存料」が含まれています。

保湿力が不十分なうえ、ニキビの原因になりかねない成分も含まれているのです。

新しいニキビができるということは、新しいニキビ跡ができるという事です。そのニキビ跡も自力で薄くするには相応の時間がかかります。

 

一方で、通販の保湿化粧品は若干高価ではありますが、上記のような高級で効果のある保湿成分を配合しています。

市販品の男性用化粧品は、ベターっと伸びるだけですが、スッと肌に吸収されるのがお分かりいただけると思います。

きちんとした保湿さえできれば、新しいニキビはかなり出来づらくなります。

私がニキビの悩みを克服したきっかけも通販の保湿化粧品です。

 

十分な保湿効果のある化粧品を使い続けた結果として、ニキビは次第にできなくなり、それまであったニキビ跡も数か月単位の時間はかかりましたが、かなり目立たなくなりました。

遠目で見たらわからないほどです。

 

ただ、そんな通販の保湿化粧品にも、今のニキビの状態や肌質によって選び方が変わってきます。

 

例えば「出来るだけ安くニキビ予防とニキビ跡を薄くしたい」という方と、「老け顔も一緒にケアしていきたい」という方では選ぶ化粧品を変える事をおすすめします。

また、「どんなものを使っても肌に合わずニキビができ続けてしまう方」もいるかと思います。

 

下のリンクでは、あなたが「安物買いの銭失い」にならないよう、私自身が実際にニキビを改善させた時に使った保湿化粧品を紹介しています。

 

是非、あなたのニキビケアの保湿化粧品選びの参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です