ニキビ跡が薄くなるメカニズムは「人間の再生能力」によるもの

ニキビ跡ってどうやって消えていくんだろう?

いつまでも消えないんだけど……これ消えるの?

そんな疑問をお持ちではないでしょうか?

実はニキビ跡が薄くなっていく仕組みは、基本的に「人間の再生能力」によるところが大きいのです。

それは、クリニックに行く場合でも同じです。

 

今回は、ニキビ跡が薄くなっていくメカニズムを解説させていただきます。

ニキビ跡がなかなか薄くならなくて困っている方も参考にしていただけると嬉しいです。

 

ニキビ跡が薄くするメカニズムは「人間の再生能力」

ニキビ跡が薄くなっていくのは人間の再生能力によるものです。

ザックリ言うと、新陳代謝傷を治す力の2つになります。

1つずつみていきましょう。

新陳代謝=皮膚の生まれ変わりの力「ターンオーバー」

ニキビ跡を消すメカニズムの1つ目は肌の生まれ変わりの力「ターンオーバー」によるものです。俗にいう、人間の細胞の生まれ変わり「新陳代謝」の力です。

20代後半から30代にかけての肌の生まれ変わりの周期は約45日と言われています。(もっと若ければ28日周期ぐらいです)

表皮層の奥にある基底層から細胞が生まれ、徐々に徐々に角質層に押し出されていきます。

最後は角質となって剥がれ落ちる事で肌は生まれ変わっていきます。

この肌の生まれ変わりの力「ターンオーバー」によって徐々にニキビ跡を薄くしていくのです。

 

傷が治る力=人間の再生力

2つ目は傷が治る力、自己治癒力によるものです。

怪我をしても、かさぶたになって傷が治りますよね。その力を利用します。

ターンオーバーは表皮の奥の真皮にまでダメージが及ぶと、生まれ変わることができなくなります。つまり新陳代謝による肌の修復はあまり期待できないということです。

そんなときの治療法が「自己治癒力を使う」という事です。要するにわざと真皮層に傷を付け、その傷が治る力を使うという事です。

例えば、美容クリニックなどで施術される「ダーマローラー」や「レーザー治療」はあえて皮膚に小さな傷を付ける事で自己修復を促し、その力でニキビ跡を目立たなくしていくのです。

この自己治癒力に効果が見込めるのは主に「クレーター状」になってしまったニキビ跡です。

 

消えやすいニキビ跡と消えづらいニキビ跡

そんなニキビ跡にも消えやすいニキビ跡と消えづらいニキビ跡があります。

消えやすさの基準は、生活習慣の改善と、スキンケアの見直しだけである程度まで改善できるものを「消えやすいもの」、クリニックや針を使うような多少痛みを伴い、なおかつ時間もかかるものを「消えづらいもの」として説明させていただきます。

消えやすいのは「赤色」と「茶色」

消えやすいのは「赤色」のニキビ跡と「茶色」のブツブツとしたニキビ跡です。

なぜなら、「赤色」と「茶色」のニキビ跡は肌の表面、表皮までのダメージで済んでいるからです。これらは先述の「ターンオーバー」の力だけである程度まで目立たない状態にすることができます

数ヶ月単位の時間はかかりますが、じっくりゆっくり薄くしていくことができますよ。

私も、この赤色と茶色のニキビ跡が顔中に無数に存在していましたが、生活習慣の改善とスキンケアの見直しをして数ヶ月で写真の状態まで目立たなくすることが出来ました。

赤色と茶色は自力でも薄くしやすいニキビ跡です。

 

消えづらいのは「クレーター」と「ケロイド」

逆に消えづらいのは「クレーター状」になってしまったものと、「ケロイド状」になってしまったものです。

クレーターのニキビ跡は真皮層にまでダメージが及んでいるためターンオーバーによる改善がほぼ見込めないと思ってもらっていいのではないかというのが私の考えです。

なぜなら、私自身の経験上、赤と茶色のニキビ跡がほぼほぼ薄くなったあとでもおでこに残ったクレーターは元通りになっていないからです。

もちろん、当時に比べればクレーター内の赤色がひいたおかげでだいぶ目立たないレベルにまでは持っていけましたが、それでも完全に平には戻っていません。

生活習慣の改善とスキンケアの見直しだけでも、赤みを消すぐらいまではもっていけました。しかしながら凸凹の改善はセルフケアではかなり難しいです。

 

タイプ別ニキビ跡を薄くしていく方法

ニキビ跡のタイプ別の対処法を紹介してきます!

簡単にできる事もたくさんありますので、是非参考にしてみて下さいね!

 

「赤色」と「茶色」は生活習慣の改善とスキンケアの見直しを

赤色と茶色のニキビ跡は、生活習慣の改善とスキンケアの見直しをするだけで少しづつ目立たなくしていくことができます。クリニックに通う必要もなく、日常生活のセルフケアだけでもそこそこまでいけます

なぜなら、赤色と茶色は肌の表面にある「表皮」についた跡なので、肌の生まれ変わりの力「ターンオーバー」によって徐々に薄くできるからです。

生活習慣の具体的な改善策はコチラの記事にまとめさせていただいていますので、合わせてお読みいただけますと幸いです。分かってはいても出来ていない項目があるかもしれません。そして、それがニキビ跡が消えない原因になっている可能性もあります。

特に、今でもポツリとニキビができてしまう方には特に参考にしていただきたいです。ここを改善しない限り、新しいニキビとそれによってできてしまうニキビ跡に悩み続ける事になるからです。

また、私のニキビ跡を徐々に薄くしていってくれたスキンケア用品は下の記事で紹介しています。

ニキビ跡を徐々に薄くしていってくれたオススメスキンケア3選!

私のニキビ跡は、殆どが赤色と茶色でした。なので生活習慣の改善とスキンケアの見直しを続けたことで、遠目で見るとわかりづらいぐらいに目立たなく出来ました。

赤色と茶色のニキビ跡は生活習慣の改善とスキンケアの見直しだけで大丈夫です!お金をかけなくても時間をかけることで、そこそこ目立たないような状態にはもっていけます。

 

クレーターは「ダーマ系」のセルフケアかクリニックでの治療を

クレーター状になってしまった跡は「ダーマペン」や「ダーマローラー」によるセルフケアか、美容クリニックでの治療が必要になります。

ダーマペンとは、以下のような器具です。

新電動ダーマスタンプ 本体+【12針2個】 <日本語説明書付>【送料無料】 0.25ミリ-2.5ミリに調整可能しわ、にきび、傷痕、火傷痕、たるみ、妊娠線、薄毛、ほうれい線ダーマペン、Derma Auto Pen Stamp、Dermastamp、Dermapen、ダーマローラー

ダーマローラーとは以下のような器具です。

【1年保証】フェイス用ダーマローラー 0.25mm医療用チタン針540本 自宅で簡単に使用できます【日本語説明書付】【送料無料】【美顔ローラー】【美顔器】【顔の シミ くすみ たるみ キズ跡 ニキビ跡 デコボコ肌 クレーター肌 シワ ほうれい線 妊娠線 お尻の黒ずみ 育毛 養毛】

いずれも肌にわざと穴をあけ(ダメージを与え)ることで、自己修復の機能で凹凸をなだらかにしていく方法となります。

ちなみに、私は怖くて試したことがありません。

おでこに若干クレーター跡があるのですが、生活習慣の改善とスキンケアの見直しを行ったことで赤みがひいて目立たなくなりそこまで気にならなくなったからです。

クレーター跡を自力で何とかしたい方がセルフケアする際に使う器具だと覚えておいてください。

ちなみに、このサイトではこの器具を使ってクレーター跡をセルフケアで治療する事を推奨はしていません。なぜなら、私自身試したことがないですし、肌を傷つけるリスクが大きいからです。なにかあったときに私には責任がとれません

もう一つの方法が、美容クリニックに通う方法です。

コチラは、お金はかかりますが確実にニキビ跡を消してくれます。

ゴリラクリニック_スキンケア

ケロイド状はクリニックの診断を

ケロイド状になってしまったニキビ跡は、クリニックでしか改善できません。

どうしても気になるようであれば診断を受けることをおすすめします。

 

まとめ

ニキビ跡が薄くなるメカニズムは「人間の再生能力」によるものです。

それは、クリニックに通う場合も同じです。

たとえば、ケミカルピーリングは肌の表面を弱い酸で溶かし、再生の力でニキビ跡を薄くしていきます。レーザー治療はクレーターのニキビ跡に小さな傷を付け、自己再生の力によって目立たなくしていくという物です。

消えやすいニキビ跡と消えづらいニキビ跡があります。消えやすいニキビ跡は「赤色」と「茶色」でこの状態であればクリニックに通うことなく日常生活の中で徐々に徐々に薄くしていくことができます。

逆に、クレーターやケロイド状になってしまったニキビ跡は、基本的にクリニックでの治療をオススメしています。

ニキビ跡は、基本的には人間の再生能力によって目立たなくなっていくと認識していただければと思います。

スポンサードリンク

 

 

このサイトではニキビ改善の第一歩として「保湿」によるスキンケアを始める事を推奨しています。

 

ニキビとニキビ跡による悩みから解放されると、不思議と自分に自信が持てるようになります。

 

もし、あなたが

「彼女を作りたい」

「職場で上司や同僚に馬鹿にされたくない」

とお思いであれば、

まず最初に保湿化粧品と洗顔料の見直しを検討する事をオススメします。

 

なぜなら、私を含むニキビに悩む働き盛りの男性はニキビを予防するための、そしてニキビ跡を薄くしていく為の「正しいスキンケア方法」を知らないからなのです。

 

たとえば、昔の私のように多くの方がドラッグストアなどに売っている市販の男性用保湿化粧品を選び、結果的に何も変わらない日々を送り続けていませんか?

 

市販品でいつまでもニキビが改善できないのは、十分な保湿成分を含んでいない事が原因です。

 

市販の男性用保湿化粧品には保湿の要ともいえる

「セラミド」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を全て含んだものがありません。

さらに、本来であれば不必要な肌に余計な負担を与える「保存料」が含まれています。

保湿力が不十分なうえ、ニキビの原因になりかねない成分も含まれているのです。

新しいニキビができるということは、新しいニキビ跡ができるという事です。そのニキビ跡も自力で薄くするには相応の時間がかかります。

 

一方で、通販の保湿化粧品は若干高価ではありますが、上記のような高級で効果のある保湿成分を配合しています。

市販品の男性用化粧品は、ベターっと伸びるだけですが、スッと肌に吸収されるのがお分かりいただけると思います。

きちんとした保湿さえできれば、新しいニキビはかなり出来づらくなります。

私がニキビの悩みを克服したきっかけも通販の保湿化粧品です。

 

十分な保湿効果のある化粧品を使い続けた結果として、ニキビは次第にできなくなり、それまであったニキビ跡も数か月単位の時間はかかりましたが、かなり目立たなくなりました。

遠目で見たらわからないほどです。

 

ただ、そんな通販の保湿化粧品にも、今のニキビの状態や肌質によって選び方が変わってきます。

 

例えば「出来るだけ安くニキビ予防とニキビ跡を薄くしたい」という方と、「老け顔も一緒にケアしていきたい」という方では選ぶ化粧品を変える事をおすすめします。

また、「どんなものを使っても肌に合わずニキビができ続けてしまう方」もいるかと思います。

 

下のリンクでは、あなたが「安物買いの銭失い」にならないよう、私自身が実際にニキビを改善させた時に使った保湿化粧品を紹介しています。

 

是非、あなたのニキビケアの保湿化粧品選びの参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です