【大人の男ニキビ】ニキビ跡を自力で消す!カギはターンオーバー

「今あるこのニキビ跡、自力で何とか消せないかな……」

「美容皮膚科に行くにもその勇気もお金もないし……でもどうにかしたいんだよな」

「出来るだけ、自力で安く消せないかな」

なんとか、自力でニキビ跡を消すことが出来ないか?とお思いの方も多いのではないでしょうか?

実際に私もニキビ跡には悩みながらも、美容外科や美容クリニック、美容皮膚科などに行く勇気もお金もありませんでした。
結局、今回の記事で取り上げる「自力でニキビ跡を目立たなくなる方法」を実践し続けて、ニキビ跡を目立たないレベルにまで改善する事ができました。

実は、正しいニキビ跡ケアを続けることにより、自宅でニキビ跡を目立たなくすることは可能なのです。

なぜなら、人の肌はターンオーバーをしているからです。
ターンオーバーとは肌の生まれ変わりの事をいい、角質代謝とも呼ばれます。

この記事では、自力で自宅でターンオーバーを正常化させてニキビ跡を薄くして目立たなくする具体的な方法を紹介します。

ターンオーバーを正常化させることによるニキビ跡の改善方法を、日々の暮らしの中に取り入れてニキビ跡の悩みを解決していきましょう!

 

自力で改善出来るニキビ跡と自力では難しい跡

ニキビ跡には自力で改善が見込めるニキビ跡と、自力での改善は難しい物の2つがあります。

自力で改善が見込めるニキビ跡

  • 赤いニキビ跡
  • 茶色いニキビ跡

自力での改善が難しいニキビ跡

  • クレーターになってしまったニキビ跡

ひとつづつ見ていきましょう!

 

赤いニキビ跡

赤いニキビ跡は、ターンオーバーを正常化させることである程度まで目立たなくすることが可能です。

なぜなら、赤いニキビ跡は肌の奥の真皮層までダメージがいっていない為、正しく肌が生まれ変わることでどんどん目立たなくなるからです。

私がニキビ跡に悩んでいたころは、きちんとしたニキビ跡に関する知識が無かったためターンオーバーが正常化しておらず、なかなかニキビ跡は消えていきませんでした。
それどころか、新しいニキビがその近くに出来続けていたため、どんどん新しいニキビ跡を量産していました。

正しい知識さえあれば、もっと早くニキビ跡を消すことが出来ていたんです。

赤いニキビ跡であれば、ターンオーバーによってニキビ跡は目立たなく出来ます。

茶色いニキビ跡

茶色いニキビ跡も、ターンオーバーの正常化をさせる事である程度までは目立たなくすることが可能です。

赤いニキビ跡と同様、肌の奥の真皮層までダメージがいっていない為です。

ただし、赤いニキビ跡と比べて薄くなるまでに時間がかかります。

なぜなら、この茶色いニキビ跡は赤いニキビ跡に紫外線などのダメージが入りメラニン色素が表面化したものだからです。

色素沈着による茶色のニキビ跡
ニキビが治った後にできるシミのようなニキビ跡で、色素沈着の一種です。
ニキビの炎症により肌が刺激を受けた時、皮膚(真皮)を守るために生成されるメラニンが原因でできてしまいます。
通常、役割を終えたメラニンは肌のターンオーバーと同時になくなりますが、シミ同様、ターンオーバーが上手く行われていないとメラニンが排出されず、茶色い色素沈着のニキビ跡として残ってしまいます。

※トランスダーマさんより引用

逆に言えば、きちんとしたニキビ跡ケアを行うことでターンオーバーを正常化させれば、ある程度まで目立たなくさせる事は可能です。

 

クレーターになってしまったニキビ跡

クレーターになってしまったニキビ跡は自力での改善は難しいです。

なぜなら、クレーターになってしまったニキビ跡は肌の奥の真皮層までダメージが及んでいるためです。

真皮層で新しい肌が作られ、ターンオーバーが行われるのですが、その真皮層自体がダメージを受けてしまうと、その場所はもう生まれ変わることが出来ないからです。

完全に改善するには医療機関の力が必要です。

それでも、正しいスキンケアを行い続ける事で少しはマシにできる事もあります。私のおでこと眉間にもクレーターのニキビ跡がありましたが、色は抜けクレーターの凸凹具合も通目で見ると分からないぐらい目立たなくなっています。

 

ニキビ跡を目立たなくしていく方法は4つ!

ニキビ跡を目立たなくしていく方法は以下の4つです。

  • 生活習慣の改善
  • 正しいスキンケア
  • ピーリング
  • 薬を併用する

これらを4ヶ月~12ヶ月続けることで、自力で少しづつニキビ跡を消していきましょう。

では、1つづつ見ていきましょう。

 

1:生活習慣の改善

1つ目は「生活習慣の改善」です。

食生活をはじめ、日常の生活を見直すことでニキビ跡を少しづつ目立たなくしていくことが出来ます。

 

①食生活の改善

生活習慣の改善その1は食生活の改善です。

食生活の改善のポイントは「糖質と脂質をとりすぎない」事と「ビタミンを摂取する」という事です。

要するに「脂っこい物、甘い物」を避けて、「野菜やフルーツ」を食べるという事ですね。

なぜなら糖質と脂質の過剰摂取は、ターンオーバーの正常化を阻害する皮脂の過剰分泌を招くからです。
そして、ビタミン不足は肌の再生能力を阻みます。

一人暮らしの独身男性はどうしても外食が中心の生活になってしまいますよね?ニキビ跡に悩んでいた当時、私も外食ばかりでした。
そんな時は、ビタミン系のサプリメントで不足するビタミンを摂取する事をお勧めします。

私は今でもずっとネイチャーメイドのマルチビタミンを飲んでいます。

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒

↑コチラです。 不足しがちなビタミンを1日1錠で手軽に補えるのでオススメです。

 

②睡眠時間の確保

良質の睡眠は、肌の再生を助ける働きをします。
逆に、睡眠不足は交感神経を活発にし皮脂の過剰分泌を招きます。

一般的に肌のターンオーバーが活性化する時間帯は夜の22時~夜中の2時の4時間と言われています。

ゆえに、本来であれば22時までに眠ることが望ましいです。

しかしながら、仕事が忙しく帰宅時間が22時を超える事もあると思います。そんな時でも、ニキビ跡の為に出来るだけ早く眠るように努力してみて下さい。具体的には6時間は眠れると良いです。自分の為に時間を取りたい気持ちもわかります。

22時に眠れなかったとしても、出来るだけ早く布団に入れるようにしてみて下さい。

 

③タバコをやめる

タバコは肌の再生に必要とされるビタミンCを奪う為、出来るだけ早くやめましょう。

ここでいう「ビタミンCを奪う」とは、正確には体内に摂取された毒素であるニコチンを分解する為に体内のビタミンCを使用してしまう事をいいます。
それによって肌の再生に必要とされるビタミン分が奪われてしまうのです。

私も、まさかタバコがニキビ跡を薄くすることを阻害しているとは思っていませんでした。

タバコは、ニキビ跡を薄くすることを阻害するだけでなく、ビタミン不足による肌荒れや新しいニキビを作り出す原因にもなります。

禁煙するのが望ましいです。

 

④お酒をやめる

お酒の摂取は肌を健康に保つ働きを持つビタミンB群を奪う為、出来るだけ控えましょう。

タバコと同じく、アルコールを体内で分解するためにビタミンB群が多く消費されるため、肌を健康に保つ為に必要なビタミンB群が不足してしまうのです。

また、ビールや日本酒には糖質が多く含まれるため、皮脂の過剰摂取の原因となります。

一緒に食べるおつまみ 例えば「フライドポテト」「ポテトチップス」「唐揚げ」「焼き鳥」などにも糖質と脂質が多く含まれていますので注意が必要です。楽しく飲みすぎてしまうと、ついつい食べ過ぎてしまいますものね。

私は当時、お酒が大好きで毎晩のようにベロベロになるまで飲みまくってました。
もちろんこれがニキビ跡を薄く出来ない原因だったなんて思ってもいませんでした。

飲みすぎはNG!ニキビ跡の為にもほどほどにしておきましょう!

 

⑤ストレスを溜めない

ストレスも、ニキビ跡を消すためのターンオーバーを阻害します。出来るだけ溜まっても意識して発散するようにしましょう。

具体的には「ストレスが溜まる」→「交感神経が活発化」→「男性ホルモンが過剰分泌」という事が起こります。そして男性ホルモンの過剰分泌は、ターンオーバーを阻害する皮脂の大量分泌を引き起こしてしまうのです。それどころか、新しいニキビを作り出すきっかけにもなりかねません。

一見するとストレスとニキビは無関係のように感じますが、実は大きな原因だったのです。

私がニキビに悩んでいた時は、今でいう「ブラック企業」とよばれる会社に勤めていました。とはいっても、新卒で入社したので「社会なんてこんなもんだ」と思い込んでいました。25歳になって管理職になってからは毎日、上と下からの板挟みの毎日……24時間3交代の仕事だったので休日も月に3日、たまに24時間勤務なんてのもザラでした。

結果、胃痛を薬で抑えながら仕事をする毎日を30歳まで過ごしていました。

もちろん、その間ニキビ跡は全然消えませんでした。むしろ新しいニキビがどんどん量産され、それが新しいニキビ跡になっていました。

ストレスとニキビの関係は密接です。出来るだけ、ストレスを溜めない。溜めたとしても発散できる場所や仕組みがあるとよいです。

月に1日でも、自分が好きな事だけをして過ごす一日を作るだけでもだいぶ違いますよ!

 

⑥髭剃りの仕方を見直す

ニキビ跡が消えない人の特徴の一つとして「髭剃りの仕方」を間違えている事があげられます。

たとえば、「T字の髭剃りで常に逆剃り」で髭剃りをしていませんか?これ実は肌に大きなダメージを与えています。

そもそも髭剃りという行為自体が「肌にダメージ」を与える行為なんです。なぜなら、直接肌に刃をあてて肌の表面を滑らせているのですから当たり前といえば当たり前です。

逆剃りという行為は、髭が深く剃れる代わりに刃が毛に引っかかって引っ張ってしまう事もあります。これが毛穴に余計なダメージを与える事になるのです。

もし、T字の髭剃りで髭剃りをするのであれば毛に剃ってそる「順剃り」を心がけましょう。ダメージを最小限に抑えることが出来ます。もちろん、シェービングフォームやジェル、クリームなどの髭を柔らかくするものは必ず使用してください。

今あるニキビや、プックリ飛び出たニキビ跡を髭剃りで削ってしまうと、さらにひどいニキビ跡になりかねません。たとえ、ニキビをよけて髭剃りをしたとしても、そこだけ髭を剃らない訳にはいかないと思います。

そんなあなたにオススメなのが、「電気シェーバー」を使って髭を剃ることです。刃が直接肌に当たらない為、髭剃りによるダメージを最小限に抑える事ができます。もちろん髭剃り時にシェービングフォームをしっかり使い、電気シェーバーは清潔に保つようにして下さい。

合わせて髭剃り後はきちんと保湿をするように心掛ける事も大切です。

ニキビ跡を消すために、肌に優しい髭剃りの仕方をマスターしてみましょう。

 

ここまでが、ニキビ跡を薄くするための生活習慣の改善方法でした。

続いて、2つ目の正しいスキンケアを紹介します。

 

2:正しいスキンケア

ニキビ跡が消えない方はスキンケア方法を間違えている事が多いです。

特に多いのが、洗顔料と保湿化粧品選びを間違えているという点です。

次に多いのが洗顔方法を間違えている事です。

洗顔料選び、保湿化粧品選びのポイントに続いて正しい洗顔方法も合わせて紹介します。

 

①ニキビ跡を薄くするための洗顔料と保湿化粧品の選び方

 

ニキビ跡を薄くしていく為には、きちんと有効成分が配合されている洗顔料と、保湿化粧品を選ぶ必要があります。

洗顔料を選ぶポイントは2つです。

  1. 市販品を使わない
  2. 有効成分が配合されているか

1つづつ見ていきましょう。

1、市販品を使わない

洗顔料選びのポイント1つ目はドラッグストアなどの市販品を使わない事です。市販品の洗顔料の多くが肌にとって刺激の強い「合成界面活性剤」という物を含んでいるからです。

洗い終わった後に、さっぱりスッキリするタイプや、プラスチックビーズのツブツブでゴリゴリ洗顔するタイプは絶対にやめて下さい。

なぜなら、肌に本来必要な肌の表面にある「角質」のうるおい成分まで奪い取ってしまう為です。

すると、肌が乾燥し、肌の表面が硬くなるためターンオーバーが正常に行われなくなります。結果的にニキビ跡はいつまでも消えません。それどころか、肌の乾燥を防ぐために皮脂が過剰に分泌され新しいニキビの原因となります。

市販品には、うるおいを保つ有効成分が含まれていないばかりか、肌にとって刺激が強い成分が配合されています。特に男性用のスキンケア用品は脂をごっそり落とすものが多いです。洗った後にスッキリする気持ちは分かります。ですが、肌にとってはダメージとなっています。

通販で売っているニキビ用の肌に優しい洗顔料であれば非イオン系の刺激の弱い界面活性剤を使用していることが多い為、敏感肌の方にも安心です。

市販品を使うのは刺激が強すぎるのでやめましょう。

 

2、有効成分が配合されているか

洗顔料選びのポイントの2つ目は有効成分が配合されているかどうか調べる事です。

なぜなら、この有効成分が配合されているかがターンオーバーを正常化させてくれるからです。

具体的には以下のような成分が配合されていることが望ましいです。

有効成分
ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解コラーゲン 、セラミド 、プラセンタエキス、ダイズエキス、クワエキス、ローヤルゼリーエキス、スクワラン、海藻エキス

これらが含まれている物であれば、必要な角質のうるおい成分まで落とすことなくきちんと洗浄をしてくれます。市販の物にはほとんどといっていいほどこれらの有効成分は配合されていないです。市販の洗顔料はニキビ跡に悩んでいない人用の洗顔料だと思ってください。

ニキビ跡に悩んでいる人は、市販の物ではなく通販で購入できる有効成分が配合されている肌に優しい洗顔料を選ぶことをお勧めします。

 

つづいて保湿化粧品を選ぶポイントを紹介します。
洗顔料選びのポイントとかぶりますが、それほど重要といえます。
保湿化粧品選びのポイントも2つです。

  1. 市販品を使わない
  2. 有効成分が配合されしっかり保湿できるものを選ぶ

1つづつ見ていきましょう。

1、市販品を使わない

洗顔料と同じく、市販品は使わないほうが良いです。

それは、肌に刺激を与える可能性がある「保存料」や「香料」が配合されていることが多い為です。敏感肌になっている方にはこれらも刺激になる可能性があります。

それどころか、保湿に大切な有効成分が配合されていない物がほとんどです。

ニキビ跡ケアで最も大切ともいえるのが「保湿」です。この保湿が出来ないといつまでたってもターンオーバーは正常化しません。

市販品を使うことで、保湿がきちんとできないどころか、肌に刺激を与えてしまう可能性すらあるのです。

ニキビ跡に悩むニキビ肌は、あなたが思っている以上にデリケートなのです。

市販品の保湿化粧品は使わないようにしましょう。

2、有効成分が配合されしっかり保湿できるものを選ぶ

こちらも洗顔料と同じく、保湿に大切な有効成分が配合されているものを選びましょう。合わせて、保存料やアルコールなどの刺激成分を含んでいないものを使うことも大切です。

具体的には以下のような成分を含んでいるものを選ぶことをオススメします。

有効成分
セラミド、プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン

これらが含まれていれば、しっかり保湿をしてくれます。

保湿は、ニキビ跡ケアにとって最も大切ともいえる項目です。保湿をきちんとする事がターンオーバー正常化の第一歩と言っても過言ではありません。

きちんとこれらの有効成分を含んだものを選択しましょう。そうでないと、ターンオーバーはいつまでたっても正常化しませんし、そのニキビ跡はいつまでたってもそのままです。

市販の安価な化粧品ではなく、有効成分が配合されたものを選びましょう。

管理人「YOSHI」がニキビ跡を消したオススメスキンケアはコチラ

 

続いて、多くの男性が間違えている「洗顔方法」について解説します。

②正しい洗顔方法

正しい洗顔方法とは、「肌に刺激を与えない」洗顔方法です。

ガシガシ洗顔して、ゴシゴシ拭いて終わり!という洗顔をしていませんか?
実は、これがニキビ跡が消えない原因になります。

ガシガシ洗顔とゴシゴシタオルは、肌に直接刺激を与えます。

肌に余計な刺激を与えない洗顔方法を続けることでニキビ跡を目立たなくしていきましょう。

 

1、きちんと泡立てて、泡で洗う

洗顔料は、洗顔ネットなどできちんと泡立てて下さい。そして、その泡を肌に滑らせるように洗顔をします。

そんな洗顔で本当に汚れが取れているのか心配になるかと思いますが、大丈夫です。

逆にゴシゴシ洗ってしまうと、肌にダメージが入ります。すると肌の表面は硬くなりターンオーバーは正常化しません。

きちんと泡を滑らせるように洗顔してください。

洗いすぎも厳禁です。1日に朝夕2回、洗顔時間は2分以内にとどめて下さい。それ以上は泡とはいえ肌にとって刺激となってしまいます。

ちなみにオススメの洗顔ネットは「無印良品」に売っている洗顔ネットです。

モコモコときめ細かい泡を作ることができますよ!

 

2、洗顔料はきちんとすすぐ

意外と多いのが、洗顔料のすすぎ残しです。

すすぎ残した洗顔料が肌に詰まり、新しいニキビを作り出す原因になる事があります。

「タオルで拭けばいいや」などと横着はしないほうがよいです。新しいニキビができ続ける限りニキビ跡も無くなりませんよ。

すすぎ終わったかな?というぐらいから2、3回余計にすすいで下さい。

もちろん、やさしくすすぐんですよ。ゴシゴシしてはいけません。

 

3、水気は清潔なタオルをポンポンする

洗顔後、タオルでゴシゴシしたい気持ちは分かりますが、タオルを優しくポンポン当てるぐらいにとどめておきましょう。

洗顔後は、肌のバリアが何もない状態です。

そんなところにタオルの刺激がきたら肌に余計なダメージが入ることになります。

私は、洗顔後のタオルゴシゴシが気持ちよくて大好きでした。
まさかこれもニキビ跡を消す抑制をしていたなんて……

水気はタオルをポンポンするように取ってくださいね。

また、清潔なタオルを使うこともポイントです。先ほども説明した通り、洗顔後の肌はノーガード状態です。使い古して雑菌がいっぱいいるタオルがノーガードの肌につくだけで新しいニキビの原因になります。

洗顔後のふき取りタオルはきちんと洗濯された清潔な物を使ってください。

 

4、洗顔後は必ず「保湿」をする。

洗顔後は必ず保湿をしましょう。

保湿がニキビ跡を消すターンオーバーの正常化にとって最も大切ともいえます。

そして保湿化粧品だけはケチらずきちんと保湿をしてくれる有効成分が入っている物を選択してください。

なぜなら、保湿をしっかりと行うことで肌にバリアが出来るからです。しっかりと保湿さえされていれば肌の乾燥による皮脂の過剰分泌も起きません。

きっちり保湿しないと、ターンオーバーは正常化しませんし、乾燥によって新しいニキビが出来かねません。そしていつまでたってもニキビ跡は薄くなりません。

洗顔後は、きちんと有効成分を含んだ保湿化粧品で保湿して下さい。

 

正しい洗顔は以上です。続いて、角質ケアの1つピーリングを紹介します。

 

3:ピーリング

自力でニキビ跡をケアする方法の3つ目の方法がピーリングです。

ピーリングとは、フルーツ酸などの「酸」を使って肌の表面にある古い角質を溶かして落とし、新しい肌の再生を促進させる処置の事です。

ニキビができ続けている人にはお勧めしません

ピーリングは今現在ニキビができ続けて悩んでいる方にはオススメしません。なぜならピーリング自体が肌を削る事だからです。もうすでに、新しいニキビが出来なくなってからの処置をオススメします。

私が悩んでいた時も「ピーリングをすればニキビ跡が消えるんだ!」とニキビができ続けているにもかかわらず高頻度で行った結果、逆にニキビを量産させてしまった事があります。肌はボロボロ、ニキビはポツポツ、顔は赤みを帯びてしまいました。

1の「生活習慣の改善」と2の「正しいスキンケア」を最低2ヶ月は行い、ターンオーバーが正常化して新しいニキビが出来なくなってからの処置をお勧めします。

 

「ピーリング」は大きく分けて2種類

ピーリングは医療機関で行うケミカルピーリングという方法と、自宅でピーリングジェルなどを行う方法があります。

一つ目が医療機関でのピーリングです。
医療機関で行う物の方が、ピーリング効果の強い物を使う為効果はあります。
しかしながら、1回5000円~とかなり高額の施術費がかかります。しかも1回で済むことはありません。下手すると10回通っても思った通りに綺麗にはならない可能性もあります。

二つ目が、市販のピーリングジェルを使って自力で行うものです。
自宅で市販のピーリングジェルを使って行うピーリングは、りんご酸などの刺激の弱いピーリング材を使う為にさほど効果が無いとも言われています。

しかしながら、
・ピーリングジェル自体が安価。
・好きな時間に好きな場所で出来る。(お風呂とか)
・使い終わった後にポロポロと古い角質がとれている実感がある。
という点で、やってみても損はないです。

先ほど「さほど効果が無い」と書かせていただきましたが、私は毎日のようにコレを行った結果凄い凄い肌荒れを起こし、ニキビを量産した過去があります。

これを考えると、きちんと古い角質をはがす効果はあったのだと思います。今では一週間に1回のペースで行っていますが、非常に調子が良いですよ。

ちなみに私が使っているピーリングジェルはコチラのジェルです。

ナチュラルアクアジェル Cure 250g
ナチュラルアクアジェルCureという商品です。
安価ですし、自宅で気軽にできるのが嬉しいですね。

大切な事なのでもう一度書きますが、今でもニキビが出来て悩んでいる方にピーリングはオススメできません!余計な肌荒れとニキビの原因となります。

 

ニキビ跡を早く消したくて焦る気持ちは分かります。ですが、ニキビ跡を自然に消していくにはどうしても時間がかかるのです。

辛抱強く、まずはあなたの肌のターンオーバーの正常化を目指してください。ニキビが出来なくなったころには肌はモッチモチになっているはずです。

ピーリングはニキビが出来なくなってから行う事をオススメします!

 

4:薬を併用してみる

ニキビ跡を薄くする、シミを改善する薬を併用するという手もあります。

体の外側と内側からニキビ跡を少しづつ薄くしていくという事です。

しかしながら薬を飲んでいるから、塗っているからそれだけでニキビ跡が薄くなっていくというのは間違いです。
あくまでもターンオーバーの正常化があっての薬の効果です。

ニキビ跡を自力で消すためのニキビ跡用の市販薬の記事はコチラです

https://otokono-nikibi.com/nikibiato/sihanyakuato/

ニキビ跡の自力改善には時間がかかる

ニキビ跡の自力での改善には長い時間がかかります。

具体的には肌のターンオーバーを正常化させるまでに約2ヶ月、そこからさらに2ヶ月~1年はみて下さい。

きちんとした生活習慣と正しいスキンケアを行っていくだけでもあなたのニキビ跡はだいぶ目立たなくなるはずです。

カギは「ターンオーバーの正常化を常に意識する事」です。

・タバコに誘われても「禁煙したので!」と断れるか
・飲み会に誘われても「今、お酒を控えているので」と断れるか
・炭水化物を取りすぎない為に、癖になっている大盛注文をやめられるか
・夜遊びをやめる事が出来るか
・洗顔料と保湿化粧品を市販の物から通販の物に変える事が出来るか
・きちんとした洗顔方法を保てるか
・肌に負担をかけない髭剃りが出来るか

これらを日常生活で意識する事が出来れば、自然とニキビ跡は薄くなっていきます。
しかしながら長い時間がかかることを認識してください。

逆に言えば、時間さえしっかりかければ医療機関にかからなくてもある程度まで改善できると思えば安いとも言えますよね。

医療機関にかかるにしても、私と同じニキビ肌のあなたは上の項目を意識しないといつまでも新しいニキビと新しくできるニキビ跡に悩まされる事になりかねません。

自力でのニキビ跡改善のためにも、意識して生活してみて下さい。

 

まとめ

ニキビ跡には、自分で目立たないレベルにまで改善できるものとそうでないものがあります。

赤いニキビ跡と茶色いニキビ跡であれば根気よくスキンケアを続けることで改善が見込めます。 そのためには、食生活をはじめとした生活習慣の改善、正しい洗顔料選び、正しい洗顔方法、保湿成分の高い化粧品を選ぶ 事が大切です。

ニキビがほとんどできないのであれば、ピーリングもオススメです。ただし、今なおニキビができ続けている人はやめておきましょう。
また、ニキビが出来なくなったからといってピーリングをやりすぎないように。肌に必要な角質まで落としてしまい、結果的に新しいニキビの原因となります。

合わせて、ニキビ跡を薄くする薬も併用してみましょう。ただし、薬を過信しすぎるのは良くありません。
あくまでも日常の生活習慣改善と、正しいスキンケアによるターンオーバーの正常化が第一です。

はじめの一歩として、日常生活を変えずに手軽に行える洗顔料と保湿化粧品の見直しをお勧めします。

いずれにしても、自力でのケアは時間がかかります。いずれ医療機関にかかるにしても、今回説明させていただいた項目はニキビ跡対策には最低限必要な項目なので、ぜひ意識して取り組んでみて下さい。

逆に言えば、たった1年で今まで悩んでいたニキビ跡が消えるのであれば、たやすいものだと思いませんか
ニキビ跡が消えると自分に自信が持てるようになります。
仕事もプライベートも今まで以上に力を入れる事が出来るようになりますよ!

あなたのニキビ跡の悩みが解決する事を心から願っています。

 

 

このサイトではニキビ改善の第一歩として「保湿」によるスキンケアを始める事を推奨しています。

 

ニキビとニキビ跡による悩みから解放されると、不思議と自分に自信が持てるようになります。

 

もし、あなたが

「彼女を作りたい」

「職場で上司や同僚に馬鹿にされたくない」

とお思いであれば、

まず最初に保湿化粧品と洗顔料の見直しを検討する事をオススメします。

 

なぜなら、私を含むニキビに悩む働き盛りの男性はニキビを予防するための、そしてニキビ跡を薄くしていく為の「正しいスキンケア方法」を知らないからなのです。

 

たとえば、昔の私のように多くの方がドラッグストアなどに売っている市販の男性用保湿化粧品を選び、結果的に何も変わらない日々を送り続けていませんか?

 

市販品でいつまでもニキビが改善できないのは、十分な保湿成分を含んでいない事が原因です。

 

市販の男性用保湿化粧品には保湿の要ともいえる

「セラミド」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を全て含んだものがありません。

さらに、本来であれば不必要な肌に余計な負担を与える「保存料」が含まれています。

保湿力が不十分なうえ、ニキビの原因になりかねない成分も含まれているのです。

新しいニキビができるということは、新しいニキビ跡ができるという事です。そのニキビ跡も自力で薄くするには相応の時間がかかります。

 

一方で、通販の保湿化粧品は若干高価ではありますが、上記のような高級で効果のある保湿成分を配合しています。

市販品の男性用化粧品は、ベターっと伸びるだけですが、スッと肌に吸収されるのがお分かりいただけると思います。

きちんとした保湿さえできれば、新しいニキビはかなり出来づらくなります。

私がニキビの悩みを克服したきっかけも通販の保湿化粧品です。

 

十分な保湿効果のある化粧品を使い続けた結果として、ニキビは次第にできなくなり、それまであったニキビ跡も数か月単位の時間はかかりましたが、かなり目立たなくなりました。

遠目で見たらわからないほどです。

 

ただ、そんな通販の保湿化粧品にも、今のニキビの状態や肌質によって選び方が変わってきます。

 

例えば「出来るだけ安くニキビ予防とニキビ跡を薄くしたい」という方と、「老け顔も一緒にケアしていきたい」という方では選ぶ化粧品を変える事をおすすめします。

また、「どんなものを使っても肌に合わずニキビができ続けてしまう方」もいるかと思います。

 

下のリンクでは、あなたが「安物買いの銭失い」にならないよう、私自身が実際にニキビを改善させた時に使った保湿化粧品を紹介しています。

 

是非、あなたのニキビケアの保湿化粧品選びの参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です