どうしても治らない!!そんな「大人の男ニキビ」を改善する方法3つ

「皮膚科に通っているのに、全然にニキビが良くならない……」
「色々調べて、対策しているのにニキビができ続ける……」

皮膚科などの医療機関に通ったり、ニキビに対してよいとされている対策を行っているのにも関わらず、どうにもこうにもニキビが良くならない。そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

実は私もニキビに悩んでいた時期は、皮膚科に通っていて、なおかつ有効だとされるニキビ対策も行っていたのに長年ニキビに悩まされていました。

にも関わらず、全然ニキビは改善することはなく「これ以上、一体どうしたらいいんだ・・・」と悩み続けていました。

なぜ、こんなことになっていたのか?
結論から言うと、皮膚科での治療以外の全てが間違えていたからでした。

皮膚科の治療では、その時のニキビは徐々に治っていたんです。
しかしながら、すぐに新しいニキビができつづけていました。

もしかするとあなたにも当てはまる可能性がありますよ。

間違えた知識を持ったまま生活し続けると、いくら皮膚科に通っていてもニキビはでき続けます。

この記事では、なぜあなたのニキビがどうやっても改善しないのか?と、ニキビを改善させる方法3つを紹介します。

 

正しい知識をもって、ニキビの改善を意識して生活していく事であなたのニキビは改善の方向に向かっていきます。

今の私のように、最終的にはニキビ自体できなくなるので皮膚科に通わなくても良くなりますよ!

まずは、なぜあなたのニキビが改善しないのかを見ていきましょう。

 

あなたのニキビが治らない3つの理由

あなたのニキビが治らないのには肌質の遺伝を除いて以下の3つの理由が考えられます。

  1. 間違えたニキビケア
  2. 生活習慣の乱れ
  3. 間違えたスキンケア

この3つです。

1つずつ見ていきましょう。

1、間違えたニキビケア

 

間違えたニキビケアとは、ずばり「大人ニキビ」を「思春期ニキビ」の治療法で治そうとしていることです。

大人ニキビと思春期ニキビはそもそもできる原因が違う為、ニキビケアの仕方も違います。

大人ニキビであるにも関わらず、思春期のニキビと同じニキビケアをしていることが間違えたニキビケアです。

 

思春期ニキビ

思春期ニキビは、成長ホルモンの分泌によって男性ホルモンが過剰に分泌されれた結果、皮脂が過剰分泌されることがニキビの原因となります。

日常のニキビケア方法は、「過剰に分泌されてしまう皮脂をいかにコントロールするか」がポイントとなります。

思春期のニキビは90%の人が出来てしまう、いわば「成長の過程で仕方なく出来てしまうニキビ」と言えます。

思春期の肌は、油分も水分も十分なので、過剰な皮脂を落としてくれるものが推奨されます。
薬でいえば、皮膚の乾燥を招くイオウ配合の物なども有効とされます。

 

大人ニキビ

対して大人ニキビは、乱れた生活習慣や偏った食生活、ストレス、間違えたスキンケアによって、皮脂が過剰分泌された結果できるものです。

思春期のニキビと同じような、皮脂を落とすニキビケアは肌に本来必要とされるうるおい成分まで洗い流してしまい、うるおいを奪ってしまう事がニキビを発生させる原因となります。

肌に必要なうるおい成分を洗い流さず、なおかつしっかり保湿することが大切です。

 

このように「思春期ニキビ」と「大人ニキビでは」対策の仕方が違います。

これを間違えていることが、ニキビが治らない原因の1つ目です。

 

2、生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れとは、具体的には以下のようなものです。

  1. 睡眠時間が短く、いつも寝不足気味。
  2. 食事はほぼ外食かお弁当、野菜はほとんど食べない。
  3. 職場やプライベートでのストレスが溜まっている。
  4. タバコを吸っている。
  5. お酒をよく飲む、ベロベロになるまで飲むこともある。

この中で一つでも当てはまる項目があったら、それがニキビが治らない原因です。

睡眠不足やストレスは、男性ホルモンを過剰に分泌するためニキビの原因となる皮脂を過剰分泌させます。顔がアブラギッシュになるのもこれが原因です。

タバコとお酒、野菜不足はビタミンの不足の原因となる為、それがそのままニキビが治らない原因となります。

ニキビに悩んでいた当時の私は、残念ながらこの全てに該当していました。

私は25歳で店長に任命されて、独身の一人暮らしを始めました。
店には朝から夜中まで出勤し、上司と部下からの板挟みにあいながらストレスと疲労は常にMAX状態。休日は月に4日取れたらラッキーな感じでした。

もちろん彼女なんか出来ませんでした。
顔中ぶつぶつだらけで自分に自信もなかったですし、女性と何をしゃべったらいいのかもわかりませんでした。

休憩時間のタバコと缶コーヒーだけが、日常の中で唯一ホッとできる瞬間。
夜中に帰宅して、食事はいつものコンビニ弁当かマックをお持ち帰りで、1日1食という日もざらでした。

疲れているのになぜか眠れず、酒を飲みまくってやっと眠れるような状態。
次の日には新しいニキビがどんどんできている……

たまの休日に皮膚科に行って薬をもらってきて治療しても、新しくニキビができるから全然よくなっていかない。

そんな生活を繰り返していました。それはニキビが治らなかった訳です……

あなたにもどれかに心当たりはありませんか?

過去の私のように生活習慣の乱れは、ニキビが治らない原因です。

 

3、間違えたスキンケア

ニキビが治らない方の多くが間違えているのがスキンケアの方法です。

洗顔方法はあっていたとしても、洗顔料や保湿化粧品選びを適当にしているとニキビが治らない原因になります。

以下の項目に一つでも該当していたら見直しが必要です。

  1. 洗顔前に手を洗わない
  2. 洗顔料は泡立てず、ガシガシゴシゴシ洗い
  3. 一日に何回も洗顔している
  4. ドラッグストアなどの市販の洗顔料を使用している
  5. 洗顔後のすすぎが適当
  6. タオルを何度も使いまわしている
  7. タオルでごしごし水分を取っている
  8. 洗顔後に保湿をしていない
  9. 洗顔後の保湿に市販の化粧品を使っている
  10. 髭剃りはT字で逆剃りの深剃りばかり
  11. 髭剃り後に保湿をしていない
  12. 髭剃りにシェービングフォームを使っていない
  13. 出かける前に日焼け止めを塗らない

この中で1つでも該当していたら要チェックです!

全てニキビが治らない原因となります。

ニキビが治らないと悩んでいる方の多くが洗顔方法はきちんと行っていても、市販の洗顔料と市販の化粧水を使っているケースが多すぎます。

なぜなら、市販の男性用の洗顔料は洗浄力が強すぎるからです。
肌に本来必要とされるうるおい成分まで一緒に洗い流してしまうものがほとんどです。

原因は、配合されている成分の中で洗浄力の要となる「合成界面活性剤」です。
これが肌すっきりする成分といえます。
洗顔後に肌がつっぱるようであればその洗顔料はやめた方がよいです。
まさにうるおい成分まで一緒に洗い流されている証拠ですね。
みるみるうちに肌が乾燥してカッサカサになるはず。

いわゆる「乾燥肌」です。皮膚は乾燥を防ぐために皮脂を過剰に分泌します。これがニキビの原因となるのです。

きちんと皮膚科に行っているのであれば、日常のスキンケアこそケチらずきちんとしたものを使うべきだといえます。

私がニキビを改善させたのも、洗顔料と保湿化粧品を変えたことがきっかけですしそれだけ大切なポイントだといえます。

市販のものと、有効成分をきちんと含んだ通販のものははっきり言って別物です。

あなたも市販品、使っていませんか?
もしかすると、それがニキビが治らない原因かもしれませんよ。

 

次は、具体的にニキビを改善させる方法を紹介します。

 

治らないニキビを改善するための方法3つ

治らないニキビを改善させる方法は3つです。
とは、いっても先ほどの3項目を改善するだけです。

  1. 正しいニキビケアを行う
  2. 生活習慣を改善する
  3. 正しいスキンケアを行う

この3つです。1つずつ見ていきましょう。

 

1、正しいニキビケアを行う

正しいニキビケアとは、「大人ニキビ」のケアの事です。

思春期ニキビ専用のプロ〇クティブでなんとかできるものではありません。
思春期ニキビ用のケア用品は逆に肌が乾燥し悪化させる人もいます。

洗顔料は、市販の物から肌に優しいタイプの物に変更しましょう。
私がニキビ改善の為につかった洗顔料は肌に優しい石鹸ベースの洗顔料です。優しい泡でしっかり洗えてうるおいはそのまま、つっぱりません。

市販のものに比べてサッパリ感はありませんが、それが必要なうるおいまで洗い流していない事なのでしょう。
実際に、有効成分を含んだオールインワンと合わせてで使い始めてからはほとんどニキビはできなくなりました
それから1度も皮膚科に行ってません。

もしあなたが皮膚科に通っているのであれば、先生に「大人ニキビ」について聞いてみてください。専門家からきちんとした意見や改善のアドバイスをもらうことで納得もできると思います。

皮膚科に通っていないのであれば、勇気を出して行ってみることをオススメします。

プロであればあなたにとって最良のニキビの治療をしてくれるでしょう。

 

2、生活習慣の改善

生活習慣の改善は大きく分けて5つです。

  1. 睡眠時間を6時間は確保する
  2. 外食は和食を中心にする。ビタミンはサプリメントから摂取する
  3. ストレスの発散が出来るようにする
  4. 禁煙をする
  5. 禁酒をする

この5項目です。最終的には全部改善できると良いですが、まずはできることから改善していってみてください。

私は、前の職場ではこれらの改善が物理的に難しかったので転職をしました。
(もちろんニキビ治療がしたくて転職をしたわけではないのですが)

ニキビが治らない原因を絶てない物理的要因があるのであれば、改善を行える環境を作ることも大切と言えます。

生活習慣の改善に関してはこちらの記事に詳しくまとめました。
是非ご覧くださいませ。

男の肌荒れ、ニキビ対策に大切な事はこの3つ!継続して綺麗な肌へ

 

3、正しいスキンケアを行う

3つ目は、正しいスキンケアです。

  1. 洗顔前は良く手を洗う
  2. 洗顔料は洗顔ネットで泡立て、泡で洗う
  3. 洗顔は朝と夜の1日2回で十分
  4. ドラッグストアなどの市販の洗顔料を使用しない
  5. 洗顔後のすすぎは徹底して行う
  6. タオルは毎回清潔なものを使う
  7. 洗顔後のタオルはポンポン肌に当てるように吸水する
  8. 洗顔後は必ず保湿!!!!!!!
  9. 洗顔後の保湿に市販の化粧品を使わない
  10. 髭剃りはT字で逆剃りはしない、できれば電気シェーバーを使う
  11. 髭剃り後は必ず保湿!!!!!
  12. 髭剃り時はシェービングフォームを必ず使う!
  13. 出かける前は日焼け止めを塗ること

保湿は特に大切なので赤字にさせていただきました。
ニキビが治らない方の多くがおざなりになっているのがこの保湿という項目です。

正しいスキンケアに関してはコチラの記事に詳しくまとめてあります。
是非ご覧くださいませ。

【男ニキビ】新しく大人ニキビを作りたくない!効果的なスキンケア

正しいスキンケアは日常生活の改善と比べて、すぐにでも実践できるものばかりです。

早速、今日からでも取り入れてみてください。

ただし、市販の洗顔料はすぐにでもやめた方が良いです。使っている限り肌はカッサカサに乾燥し、アブラギッシュになってニキビができる原因になります。ニキビが治らない原因になりかねません。

洗顔料と、保湿化粧品の見直しも今日からすぐに行えます。
本格的にニキビを何とかする第一歩として是非、検討してみてください。

 

まとめ

「皮膚科に通っていてもニキビが治らない!」「今まで色々調べてやってきたけど全然治らない!」

そんな方は「ニキビケアの方法」「日常生活の改善」「スキンケアの改善」の3つの項目を見直してみてください!その中で1つでも出来ていない項目があったらそれが治らない原因の可能性があります。

ニキビに悩んでいた過去の私は、見事にすべての項目を満たしていました。これが原因だと知らずに長年ニキビに悩み続けたのです。
そうならないためにも、出来ることから改善していってみてください。

最初の一歩として、洗顔料と保湿化粧品の見直しをオススメしています。肌に優しい洗顔料ときちんと保湿してくれる物をえらぶことをオススメします。市販の物より若干高価ですが、試して続けてみる価値はあります。

あと、多少高価な化粧品を買うなど、ニキビケアを実際に行動に移すと、意識と日常の行動が無意識に変わります。
ニキビの為にごはんや麺の大盛注文をやめたり、フライドポテトを食べなくなったりとかです。

厳しいことを言うようですが、ニキビができるのは肌質の遺伝を除けば「あなたの行動」が全ての原因です。

あなたの日々の行動がニキビを作り出していることを認識していただければと思います。

逆に言えば、これらを意識して生活していくだけであなたのニキビは2か月~半年で改善の方向に向かっていくはずです。

なぜなら、人間にはもともとターンオーバーと呼ばれる肌の生まれ変わりの機能があるからです。

あなたのニキビの悩みが1日でも早く解決することを心から願っています。

スポンサードリンク

 

このサイトではニキビ改善の第一歩として「保湿」によるスキンケアを始める事を推奨しています。

 

ニキビとニキビ跡による悩みから解放されると、不思議と自分に自信が持てるようになります。

 

もし、あなたが

「彼女を作りたい」

「職場で上司や同僚に馬鹿にされたくない」

とお思いであれば、

まず最初に保湿化粧品と洗顔料の見直しを検討する事をオススメします。

 

なぜなら、私を含むニキビに悩む働き盛りの男性はニキビを予防するための、そしてニキビ跡を薄くしていく為の「正しいスキンケア方法」を知らないからなのです。

 

たとえば、昔の私のように多くの方がドラッグストアなどに売っている市販の男性用保湿化粧品を選び、結果的に何も変わらない日々を送り続けていませんか?

 

市販品でいつまでもニキビが改善できないのは、十分な保湿成分を含んでいない事が原因です。

 

市販の男性用保湿化粧品には保湿の要ともいえる

「セラミド」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を全て含んだものがありません。

さらに、本来であれば不必要な肌に余計な負担を与える「保存料」が含まれています。

保湿力が不十分なうえ、ニキビの原因になりかねない成分も含まれているのです。

新しいニキビができるということは、新しいニキビ跡ができるという事です。そのニキビ跡も自力で薄くするには相応の時間がかかります。

 

一方で、通販の保湿化粧品は若干高価ではありますが、上記のような高級で効果のある保湿成分を配合しています。

市販品の男性用化粧品は、ベターっと伸びるだけですが、スッと肌に吸収されるのがお分かりいただけると思います。

きちんとした保湿さえできれば、新しいニキビはかなり出来づらくなります。

私がニキビの悩みを克服したきっかけも通販の保湿化粧品です。

 

十分な保湿効果のある化粧品を使い続けた結果として、ニキビは次第にできなくなり、それまであったニキビ跡も数か月単位の時間はかかりましたが、かなり目立たなくなりました。

遠目で見たらわからないほどです。

 

ただ、そんな通販の保湿化粧品にも、今のニキビの状態や肌質によって選び方が変わってきます。

 

例えば「出来るだけ安くニキビ予防とニキビ跡を薄くしたい」という方と、「老け顔も一緒にケアしていきたい」という方では選ぶ化粧品を変える事をおすすめします。

また、「どんなものを使っても肌に合わずニキビができ続けてしまう方」もいるかと思います。

 

下のリンクでは、あなたが「安物買いの銭失い」にならないよう、私自身が実際にニキビを改善させた時に使った保湿化粧品を紹介しています。

 

是非、あなたのニキビケアの保湿化粧品選びの参考にして頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です